遠藤さくら主演「サムのこと」に秋元真夏出演

乃木坂46・4期生初出演ドラマに秋元真夏&堀未央奈が参戦 熱血振付師とあやしい占い師をそれぞれ熱演

乃木坂46の4期生を迎えて実写ドラマ化される「サムのこと」「猿に会う」に、乃木坂46の秋元真夏と堀未央奈が出演することがわかった。


乃木坂46の4期生総勢11人が出演する本作は、直木賞作家である西加奈子の「サムのこと」「猿に会う」2作品を実写ドラマ化し、3月20日から映像配信サービス・dTVで配信する。両作品とも“青春時代の葛藤とそれを乗り越えていく希望”をテーマに描く。

遠藤さくらが主演を務め、4期生7人が出演する「サムのこと」には、秋元真夏が出演。
同じアイドルグループのメンバーだった1人が亡くなったことをきっかけに久々に集まった元メンバーの4人が当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様を描いた群像劇となっており、秋元は元アイドルグループだったメンバーたちの踊りを指導する振付師を演じる。
回想シーンでデビューシングルのミュージックビデオを撮影しているメンバーたちの近くで「ワン、ツー、スリー、フォー…」と手でリズムをとる姿がとても凛々しく印象的だ。また、踊りに自信のないメンバーとマンツーマンでレッスンをするシーンやメンバーの決めポーズを指導するシーンでは、現在、乃木坂46のキャプテンを務める秋元ならではの頼もしい存在感に注目してほしい。
振付師役に初めて挑戦した秋元は「普段は振付師にダンスを習っている立場なので、今回逆にダンスを教えるという動きはすごく新鮮で、とても貴重な経験をさせてもらいました」と語った。

一方、賀喜遥香主演の「猿に会う」に出演する堀未央奈は、主人公が乗る車に途中から同乗する占い師のアキラ役で登場。
本作はコンプレックスを抱える仲良し女子大生3人が日光への旅行を通じて、殺人事件など様々なトラブルに見舞われながらも、それぞれの人生を見つめ直すロードムービー。アキラは山中で道に迷い、柴田柚菜演じるさつきが運転する車に助けを求め同乗させてもらうが、事態は思いもよらない展開になっていく。
これから撮影を開始する堀は「不思議な世界観の中に現実的な視点や言葉があって、そんな作品をフレッシュな4期生のみんなが演じることで良い化学変化が起きて面白いのではないかなと思います。」と4期生に対する期待とともに「今まで演じたことのない役柄なので、新たな姿をお見せできるよう頑張ります。」と意気込みを語っている。

秋元真夏のコメント

4期生が出演しているドラマに私も出演させていただけて嬉しかったです。今回は振付師役ということで、普段の活動でも身近に振付師の方がたくさんいらっしゃるので、その方々を参考にさせていただきました。4期生が、私の撮影がオールアップした時に寂しがってくれたのが可愛くて可愛くてしかたありませんでした!初めて挑戦することにも果敢に挑む後輩の姿がとても頼もしくて素敵だなと思いました。ぜひご覧ください!

堀未央奈のコメント

今まで演じたことのない役柄なので、撮影前からとても楽しみでした。新たな姿をお見せできるよう頑張ります。この作品は、不思議な世界観の中に現実的な視点や言葉があって、そんな作品をフレッシュな4期生のみんなが演じることで良い化学変化が起きて面白いのではないかなと思います。良い意味で染まっていないからこその真っ白でまっすぐな4期生のお芝居が楽しみです。原作も面白いですし、ドラマもドラマならではの良さや面白さがたくさん詰まっていると思うので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです!私も良いアクセントになれるよう頑張ります。

dTV
この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事