アサヒスーパードライ新CM「春、旅立ち篇」

旅立つ白石麻衣を秋元真夏らが送り出す 新CM「春、旅立ち篇」完成

乃木坂46の白石麻衣、秋元真夏、新内眞衣、中田花奈が出演するアサヒスーパードライの新TVCM「春、旅立ち篇」が3月3日(火)から全国で放映される。


「桜の下で、エ一ル」篇の続篇となる「春、旅立ち篇」では、4人が旅立つ白石の壮行会に向かうシ一ンから始まる。4人は夜桜を楽しむ中で、一緒に過ごした時間を懐かしみ、涙を流すが、仲間の新たな一歩を応援しようと全員で乾杯。ビ一ルを飲みながら、大切な仲間の旅立ちを応援する様子が描かれ、乃木坂46を卒業する白石と彼女を見送る1期生たちの姿が自然と重なる内容にもなっている。

夜桜の舞う中、会話を楽しむ4人の様子は、まさに「気の置けない仲間」そのもの。撮影中には、昔を懐かしむあまり涙を流してしまつた白石を見て、秋元、新内、中田も思わず涙。4人だけがわかるポーズやセリフで昔を懐かしむ様子はとても和やかで、監督も絶賛。彼女たちの励まし合う姿には、現場スタッフ全員から拍手が起こり、もらい泣きしてしまうスタッフもいたほどだった。

3月8日(日)からは60秒、3月15日(日)からは90秒のスペシャルバージョンも放映予定。
なお2月12日より放映開始した前回のCM「桜の下で、エ一ル」篇は、「2020年2月後期CM好感度ランキング」(CM総合研究所調べ)でアルコ一ル業類第1位、作品別でも全2,930作品中、第2位を獲得するなど、好評を博した。



この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事