• 書籍
  • 雑誌、写真集、エッセイなど書籍関連の話題
「第6回カバーガール大賞」メンズ部門

「第6回カバーガール大賞」新設のメンズ部門はKing & Prince・平野紫耀が受賞

最も多くの雑誌の表紙を飾った女性タレントを表彰する「第6回カバーガール大賞」が4日に発表され、今年新設されたメンズ部門にKing & Princeの平野紫耀が輝いた。


メンズ部門は、2019年に表紙を飾った回数の一番多かった男性を表彰する、いわばメンズ版カバーガール大賞。受賞した平野は、グループではもちろんのこと、個人でも数多くの表紙を飾った。「WiNK UP」(ワニブックス)等のアイドル雑誌に加え、「メンズノンノ」(集英社)等のメンズファッション誌から「andGIRL」(エムオン・エンタテインメント)、「週刊TVガイド」(東京ニュース通信社)、「anan」(マガジンハウス)、「東海ウォーカー」(KADOKAWA)、「日本映画navi」(産経新聞出版)など、女性ファッション誌、テレビ情報誌、女性週刊誌、タウン誌、映画情報誌、舞台情報誌と、そのジャンルは多岐に渡る。

メンズ部門受賞に平野は、「ありがとうございます。とても光栄です。1年を振り返ると、たくさん表紙を飾らせていただいたなと思ったのですが、まさか賞を頂けるほどとは思いませんでした。各出版社の皆さんに感謝しております」と喜びのコメント。
自身が表紙を飾った雑誌を購入しているファンに向けて、「いつも周りのスタッフさんが『この間の表紙、もう売り切れたよ!』と教えてくださったり、増刷や重版のニュースも拝見し、雑誌を見てくれた皆さんにとても感謝しています。実際撮影している時に『見てくれたみんなはどんな反応してるんだろう?』など想像しワクワクしながら撮影に臨んでいます。こうして雑誌を見てくれた方々のおかげで、このような賞に繋がったと思っています!今年もたくさん表紙に起用して頂けるように、精一杯頑張ります!」とメッセージを送った。

「第6回カバーガール大賞」は、2019年に発売され、オンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心とする約10000誌が対象。
大賞は女優の吉岡里帆が受賞し、エンタメ部門は与田祐希(乃木坂46)、ファッション部門は石原さとみ、コミック雑誌部門は大原優乃、グラビア部門は小倉優香が輝いた。

「第6回カバーガール大賞」

【大賞】吉岡里帆
【メンズ部門】平野紫耀(King & Prince)
【エンタメ部門】与田祐希(乃木坂46)
【ファッション部門】石原さとみ
【コミック雑誌部門】大原優乃
【グラビア部門】小倉優香
【話題賞】VOGUE JAPAN(12月号)
【10代部門】与田祐希
【20代部門】吉岡里帆
【30代部門】石原さとみ

■トップ10
1位 吉岡里帆
2位 大原優乃
3位 与田祐希(乃木坂46)
4位 小坂菜緒(日向坂46)
  齋藤飛鳥(乃木坂46)
  広瀬すず
7位 石原さとみ
  今田美桜
  浜辺美波
10位 沢口愛華

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事