• HOME
  • TOPICS
  • 乃木坂46・遠藤さくら初主演ドラマ「サムのこと」主題歌は4期生楽曲&CMナレーションを秋元真夏が担当
「サムのこと」TV-CM場面カット

乃木坂46・遠藤さくら初主演ドラマ「サムのこと」主題歌は4期生楽曲&CMナレーションを秋元真夏が担当

3月20日(金)から映像配信サービス・dTVにて配信スタートするオリジナルドラマ『サムのこと』の主題歌が、乃木坂46の25枚目シングルに収録される4期生による楽曲「I see…」に決定。また、ドラマのTV-CMが本日3月6日より、全国(一部地域除く)でオンエアされる。


本作は、同じアイドルグループのメンバーだった1人が亡くなったことをきっかけに久々に集まった元メンバーたちが当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく様を描いた群像劇。乃木坂46・4期生の遠藤さくらがドラマ初主演を務め、同じく4期生の早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめ、矢久保美緒、そして1期生の秋元真夏が出演する。

主題歌に決定した4期生が歌う「I see…」は、前向きで明るいアップテンポなメロディーに乗せ、ドラマのメッセージでもある<わたしたち大丈夫>という想いを力強く表現した楽曲。3月25日に発売される25thシングル「しあわせの保護色」(Type-D)の中に収録される。

TV-CMは、“乃木坂46の今がここにある”をコンセプトに、ドラマ初挑戦となる乃木坂46の4期生メンバーが演技に対して不安を感じる撮影中の様子から、一転して、本編での堂々たる演技を披露する、メンバーの成長が感じられる内容に仕立てられた。
圧倒的人気を誇る乃木坂46の中でも、急成長を続ける4期生が乃木坂46の今を体現している存在と表現し、グループのキャプテンを務める秋元真夏による4期の背中を押すような優しくも力強いナレーションが印象的な内容となっている。

これまでさまざまなナレーションを経験している秋元だが、TV-CMのナレーションは今回が初めて。ナレーションを撮り終えた秋元は「サ行が苦手で“青春時代を過ごした少女たちの再生”という部分が少し難しかったです。」とコメントするも、ほぼノーミスで収録は終了。さらに「後輩たちの映像を見ながらナレーションを録るのはすごく新鮮でした。また、私がいなかったシーンの映像も見ることができたので、私も早く本編を見てみたいです!」と作品への期待をにじませた。



■TVCM映像


■秋元真夏ナレーション風景

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事