「小説の神様 君としか描けない物語」場面写真

佐藤大樹×橋本環奈「小説の神様」特別映像公開 鷲尾伶菜による挿入歌も解禁に

EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹と女優の橋本環奈がW主演を務める映画『小説の神様 君としか描けない物語』の場面写真とWEB限定特別映像が公開された。


本作は、ナイーブで売れない小説家・千谷一也(佐藤大樹)と、秘密を抱えたドSな小説家・小余綾詩凪(橋本環奈)の何もかもが真逆の2人が、“一緒に大ベストセラーを生み出す”というミッションを課せられ、時に激しく反発し合いながらも“2人”で物語を作り始める、青春ストーリー。

公開された場面写真には、一也の自宅で一緒に共作に励む途中に垣間見える、一也と詩凪の接近ショットや、必死さを見せる一也に対し、余裕そうな表情を見せる詩凪との視線ぶつかる打合せシーン、文芸部の仲間と過ごす青春感あふれる下校シーンなどが切り取られている。さらに、文芸部部長・九ノ里正樹(佐藤流司)が呆然と立ちつくす一也に語りかける場面や、一也は詩凪を見つめ、一方の詩凪は一人で考え込み…と、詩凪の孤独感を感じる場面など、本編中での表情も見え、より本作のストーリーを等身大に感じられるシーンが詰まっている。

今回WEB限定での配信となる特別映像では、E-girls・鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」による挿入歌『こんな世界にしたのは誰だ』が初解禁されている。共作をする前の一也の気持ちに寄り添う挿入歌も相まって、物語に引き込まれる映像に仕上がっている。
本映像で初解禁となった、ある出来事を受け雨に打たれて帰宅した一也が感情を爆発させるシーンは、佐藤がアドリブを含み演じた部分も。俳優・佐藤大樹の本作への強い意気込みをも感じられる注目のシーンとなっている。また、「すね蹴り攻撃」「ビンタ」「ぬいぐるみを投げつけられる」といった一也のヘタレっぷり感じるシーンも見どころのひとつだ。

映画『小説の神様 君としか描けない物語』は、5月22日(金)全国公開。



この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事