• 書籍
  • 雑誌、写真集、エッセイなど書籍関連の話題
与田祐希(乃木坂46)

“小さいけど色気はある”与田祐希、身長は「私的には153センチ」

乃木坂46・与田祐希が9日(月)、2nd写真集「無口な時間」(撮影:菊地泰久/光文社/3月10日発売)の発売記念会見を都内で行った。


グループ加入当時、「小さいけど色気はあるとよ」というキャッチコピーで自己紹介していた与田。会見には白のワンピースにハイヒールを履いて登場し、大人っぽい姿を披露。「身長は23歳まで伸びると思います」と希望は捨てていないようで、「いつかはヒールを履かなくてもスッと立てるように」と、期待を込める。
目標の身長は「158センチ」といい、「ネットで調べたら日本人女性の平均身長がそれくらいだったので、平均になりたい。高望みはもうできない……」と弱々しくつぶやく。現在の身長を聞かれると、「公式では152センチってなっているんですけど、私的には153のような気がします」と強く主張して、報道陣の笑いを誘っていた。

本写真集は、今年5月に20歳を迎える与田が、10代最後の夏、地中海に浮かぶイタリアのシチリア島と世界のファッションの中心地・ミラノで撮影。与田は「ありがたいことに10代で2冊出させていただいているんですけど、ちょっと大人っぽさも出せるように、そして動物と戯れていたりとか、まだ子どもな部分も出ていたり、等身大な飾ってない姿が詰まっている写真集になった」と、完成に満足げ。
初のランジェリーショットにも挑戦しているが、ストイックな体づくりはせず、あくまでも自然体のまま撮影に臨んだという。「今まで『色気はあるとよ』って言ってみたり、(色気を)出そう出そうと必死にしていたんですけど、今回の写真集は自然体のままで出る限りの色気が出せるように頑張りました」と振り返った。

「全部お気に入りで選ぶのが難しい」という中から選んだお気に入りのカットは、大聖堂に行ったときのもの。「風船がたくさんあって、ハート型の風船にキスをして、リップできれいにキスマークがついたのでいいなと思って」と、明かした。

■お気に入りのカットとルミネエスト新宿で開催中のパネル展


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事