「砕け散るところを見せてあげる」メインカット

中川大志&石井杏奈の迫真の演技が光る「砕け散るところを見せてあげる」予告編公開

中川大志と石井杏奈がW主演を務める映画『砕け散るところを見せてあげる』の予告編とメインカット、そして特別前売券のビジュアルが公開された。


映画は、言葉の軽快さで10代特有の空気感を表現し各世代から支持を集める、竹宮ゆゆこの同名小説が原作。

中川大志演じる、どこにでもいる高校生・濱田清澄。石井杏奈演じる、学年一の嫌われ者・蔵本玻璃。ある日、玻璃がいじめに合う現場に遭遇し、彼女を助け出した清澄。それ以来、彼女をほっておけない清澄のサポートから、玻璃は少しずつクラスにも馴染んでいき、いじめも落ち着きを見せてきた頃、玻璃の愛らしさと心の美しさに気づいた清澄と、清澄を“まるでヒーローみたい!”と憧れを抱く玻璃は次第に心の距離を縮めていく。
しかし、後半にかけて、そんな二人のラブストーリーかと思わせる展開から、切り裂くような玻璃の叫び声で映像は一変。
「危険が迫っています、逃げてください」と告げる玻璃の切迫した声とともに畳みかけられる怒涛の映像とともに、傷だらけで絶叫する玻璃も切り取られている。
映像の最後は「俺を生かすエネルギーはお前の幸せだから」と無邪気に笑い合う2人の姿で締めくくられ、深い愛の物語であることが感じられる予告編となっている。

またナレーションは、竹宮ゆゆこ原作のTVアニメ「とらドラ!」「ゴールデンタイム」にも出演し、竹宮ゆゆことも縁深い声優・堀江由衣が担当。
脇を固める井之脇海、清原果耶、松井愛莉、北村匠海、矢田亜希子、原田知世、堤真一といった実力派俳優たちの姿とともに、本予告編で初解禁となる現役高校生の琉衣が歌う、主題歌「Day dream ~白昼夢~」にも注目だ。

映画『砕け散るところを見せてあげる』は5月8日(金)全国公開。



この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事