「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」ポスタービジュアル

SILENT SIREN、「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」映画化&ドキュメンタリー同時上映

SILENT SIRENの4人が主演する映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』が、5月8日(金)より順次公開されることが決定した。


「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」ポスタービジュアル

「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」ポスタービジュアル
©『もしサイ』&『HERO』製作委員会

本作は、2019年9月14日に行われた「31時間テレビ」の企画内で放送されたSF青春ドラマの映画化。SILENT SIRENが存在しないパラレルワールドに飛ばされたサイサイメンバーたちの物語。
主演のSILENT SIRENメンバー4名のほか、アイドルグループ・26時のマスカレイドやダンス&ボーカルグループ・Zero PLANETなどが出演している。

また、映画『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』とともに、映画『HERO DOCUMENTARY FILM』が同時上映される。こちらは、「誰もが誰かのヒーロー!」をテーマに、2019年12月30日に行われた年末スペシャルライブ2019「HERO」のライブ当日までを追いかけたドキュメンタリー映画となっている。

SILENTSIREN・あいにゃん コメント

「31時間てれび」という企画を一人で行って、ドラマを撮る事になりすごくいい物ができたので。
高橋監督とはまた一緒に面白いことをしたいねと話していたのでこうして完成したドラマが映画化になりとても嬉しく思います。
映画に加え、年末ライブHEROのドキュメンタリーも監督が手がけ素晴らしい作品になったので合わせて楽しんでいただきたいです。

映画「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」あらすじ

2019年6月9日。SILENT SIRENのワンマンライブが、Zepp Divercity Tokyoで行われていた。『恋のエスパー』で「STOP」と掛け声と共に会場の時間が止まる。観客は一切身動きができなくなってしまうという、エスパーパワーをみにつけたすうの強力な超能力である。・・・という、“お約束”である。
「時間を巻き戻したいと思います!」そう言うと時空が歪んでライブの時間は巻き戻り、再びライブをやり直すはずだったが、本当に時空が歪み・・・。
すうが目を覚ますと、そこは専門学校の教室だった。エスパーパワーの暴走で異次元に飛ばされてしまったらしい。ライブ会場に戻すため再び超能力をかけようとするが、何も起こらない。困惑したすうが部屋を飛び出すと、ダサい女の子と出会う。おさげ姿にメガネのその女の子はメンバーのひなんちゅだった。しかもひなんちゅはサイサイを知らないどころか、長年バンドとして苦楽を共にしたはずのすうのことを嫌っているようで・・・
サイサイの存在しないパラレルワールドへと飛ばされたサイサイメンバーたち。あいにゃんとゆかるんはどこで何をしているのか?サイサイの4人は、無事にファンの待つライブ会場へ戻ることができるのか?

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事