「一度死んでみた」公開初日記念ミサ

広瀬すずは鼻血、吉沢亮は撮影中におなら 「死んだふりをしたくなるほど恥ずかしかった」エピソードを告白

映画『一度死んでみた』が3月20日(金・祝)に封切られ、同日、初日を記念して都内で行われたイベント「公開初日記念ミサ」に、主演の広瀬すず、共演の吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、木村多江、そして浜崎慎治監督が登場した。


本作は、 「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態となった父・計(堤)をライバル会社の陰謀から守るため、父親が大嫌いな女子大生・七瀬(広瀬)が立ち上がる物語。

冒頭では作品の内容にちなみ、キャストに「思わず死んだふりをしたくなるほど恥ずかしかったことは?」と質問。
広瀬は小学生時代の「廊下を走ってたら、派手に顔面から転んだ」という苦い思い出を回想。その場にみんなの憧れ的存在だった上級生が現れて、鼻血が出ているところを見られ、「体調が悪くて倒れたフリをちょっとだけしたことがあります」と、恥ずかしそうに明かした。

吉沢は本作の撮影中、共演のでんでんを羽交い締めにするシーンで、「でんでんさんの力が強すぎて、これはさすがにやばいなと思って、思いっきり締めた時にすごい勢いでおならが出た」と告白。それが「『プゥ』みたいなかわいいやつじゃなくて、バイクのコール切ってるような『ブンッ』みたいな、結構な爆裂音」だったにも関わらず、「でんでんさんがそこに触れてこない。気を遣ってくださって、絶対聞こえてるはずなのに、なかったことにしようとしてくれて、それが逆に恥ずかしかった」と話すと、小澤が「でんでんさん、自分だと思ったんじゃない?」と笑いを誘っていた。

さらに、劇中で広瀬演じるデスメタル女子・七瀬が日々の不満をライブでシャウトしていることにちなんで、不満を吸収してくれる魔法の壺に向かって不満を叫ぶコーナーでは、広瀬が「勝手にキャベツにドレッシングかけるんじゃねえ!」とシャウト。「私、ソース派なんですよ」と苦笑いを浮かべていた。

映画の公開初日には通常、映画館の観客の前でキャストによる舞台挨拶が行われることが多いが、この日のイベントは一般の観客を入れず、インターネットでの生配信という形で開催された。新型コロナウィルス感染症の予防対策として、報道陣もマスクの着用を必須とし、受付ではアルコール消毒液での消毒や検温が行われた。
主演を務めた広瀬は、「この環境の中、こうしてここにいらっしゃる皆さんをはじめ、キャストの方とスタッフの方と一緒に初日を迎えることができて幸せに思います」と語り、自身がコメディ映画に初挑戦した作品であることから、「少しでも早く日本中に笑顔が、笑いが、届いたらいいなという気持ちで一杯です」と思いを込めた。


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事