映画「映像研には手を出すな!」最新ビジュアル

齋藤飛鳥×山下美月×梅澤美波による実写「映像研には手を出すな!」映像初解禁

乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波によって実写映画&ドラマ化される『映像研には手を出すな!』の映像が初解禁された。


原作は『月刊!スピリッツ』(小学館)で連載中の大童澄瞳による同名漫画。“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの姿を描く。映画が5月15日(金) より公開となり、映画公開に先駆けて、4月よりMBS/TBSドラマイズムほかにてTVドラマ化(全6話)される。

映画「映像研には手を出すな!」最新ビジュアル

映画「映像研には手を出すな!」最新ビジュアル
©2020 「映像研」実写映画化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館

解禁映像は、実写『映像研には手を出すな!』で初出しの本編映像となり、実写化が発表されてから注目されていた“どうやってあの世界観が描かれるのか?”を、垣間見ることができる。
齋藤飛鳥演じる浅草みどりの「この高校を舞台にアニメを作りたい!」という物語の根幹となる一言からスタート。そこに、水崎ツバメ(山下)や金森さやか(梅澤)といった個性豊かなキャラクターたちが登場し、それぞれの夢やキャラクター性が伝わるセリフが飛び出す。さらに空想で作り上げたメカ「カイリー号」、そして「プロペラスカート」で空を飛ぶ浅草など、原作ファンにとってはおなじみの待ちに待ったシーンが続々登場する。
また、本作のもう1つの醍醐味でもある数々の部活動の学生たちも登場し、そのハチャメチャ感溢れた映像は、実写でこそ見たかった原作の世界観そのままの映像が繰り広げられている。

同時に映画版の最新ポスタービジュアルも解禁された。「行こう、最強の世界。」というアニメを愛する人々に捧げる熱い言葉とともに、アニメーションの世界に入り込んだかのような映像研の3人が描かれている。

本作は全国139館で上映されることが決定。劇場前売券のムビチケが、4月3日(金)より上映劇場にて販売することも決まった。
劇中の印象的なシーンより制作された“『映像研』実写版パラパラ漫画”が劇場限定の購入特典となっており、浅草版、水崎版、金森版の全3種がランダムに配布される。



TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事