「死神遣いの事件帖」場面写真

鈴木拡樹と鈴木絢音が見つめ合う様子も…「死神遣いの事件帖」場面写真一挙解禁

5月29日公開の映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』の場面写真11点が一挙に解禁された。


『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』は、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【東映ムビ×ステ】の新作。江戸を舞台に“死神遣い”の探偵・久坂幻士郎の活躍を描く物語で、映画では、傀儡探偵・久坂幻士郎を鈴木拡樹、死神・十蘭を安井謙太郎、侠客のリーダー、庄司新之助を崎山つばさが演じるほか、ヒロイン・お藤役で乃木坂46の鈴木絢音も出演する。

今回解禁された場面写真は全部で11枚。探偵業を営む久坂幻士郎(鈴木拡樹)と相棒の死神・十蘭(安井謙太郎)が、吉原の大遊廓で起きた“遊女連続殺人事件”について考え込むシリアスなシーンから、死神十蘭が収まっている十蘭ドール(人形)と共に挨拶するコミカルなシーンが見て取れる。さらに崎山率いる侠客の面々、そして久坂幻士郎と本作のヒロイン・お藤(鈴木絢音)見つめ合う一枚も。

江戸の時代を彩り鮮やかに染めながら、無理難題を解決していく本作。そして舞台に繋がる衝撃の結末とは!?


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事