オトナの土ドラ「13」主演:桜庭ななみ

桜庭ななみ、BBC人気ドラマのリメイクで主演 13年間行方不明だった少女を演じる

桜庭ななみが6月6日(土)スタートのドラマ『13(サーティーン)』(東海テレビ・フジテレビ系)で主演を務めることがわかった。13歳から13年間行方不明となっていた少女・百合亜を演じる。


ドラマは、「大人に向けた、本格派ドラマ」がコンセプトの「オトナの土ドラ」シリーズ第26弾。原作は、イギリスで大ヒットを記録した、BBCの『サーティーン/13 誘拐事件ファイル』。不幸な事件に巻き込まれた一人の女性が体験する社会との断絶、好きな人との交流さえも困難になる理不尽さ、そして犯人に対する憤りなどを丁寧に描写し、さらに発生する第二の誘拐事件とヒロインの行動などサスペンスフルに描いた作品で、日本版では、原作の持つサスペンス要素をそのままに、さらに家族それぞれのストーリーにも焦点を当てる。

オトナの土ドラ「13」主演:桜庭ななみ

オトナの土ドラ「13」主演:桜庭ななみ

13歳の時、忽然と姿を消した相川百合亜は、13年後に警察に保護され、家族の元に戻るが、そこに彼女の居場所は無かった。大好きだった恋人は既に別の女性と暮らしており、両親は別居状態。当初は監禁の被害者、美少女として注目された百合亜だったが、犯人の男と顔見知りであった可能性が浮上すると、一転、大人の男を誘惑した小悪魔であるとされ、世間から追及される。家族でさえ、13年間離れていた彼女の真実の姿を見失い、翻弄される。

桜庭は「主人公・百合亜という役は、私にとってもチャレンジングなので、1シーン1シーンどこまでも深く、しっかり自分の中に入れてお芝居をしていきたいです。」と意気込み。原作となった『サーティーン/13 誘拐事件ファイル』も鑑賞し、「主人公のアイビー(※本作では百合亜)が13歳で時が止まった純粋な部分と、なんだか大人っぽい魅力を感じさせる部分を持っていて、とても魅了されましたし、その言動に最後までハラハラドキドキさせられました。彼女の13年間の過ごし方を感じとり、私も演じる上でこの魅力を表現できたらな、と思っています」と話す。

東海テレビの遠山圭介プロデューサーは、「13歳のころから時が止まったかのような百合亜は、美しくはかなげで、不思議な雰囲気をまとった女性です。しかしどんな状況でもあきらめずに立ち向かっていく心の強さを持ち、過酷な運命に立ち向かい、闘っていきます。まさにオトナの土ドラ史上、最も“弱そうに見えるけど実は強い”女性主人公です。美しく演技力の確かな桜庭さんは、この新しいヒロイン像にぴったりだと考えています」と桜庭に期待を寄せている。

ドラマ『13(サーティーン)』は、6月6日(土)から毎週土曜深夜23:40~24:35放送。全4話。

桜庭ななみ コメント

主演のオファーを久しぶりに頂き、とてもうれしかったです。「オトナの土ドラ」は、チャレンジ精神にあふれていますが、主人公・百合亜という役は、私にとってもチャレンジングなので、1シーン1シーンどこまでも深く、しっかり自分の中に入れてお芝居をしていきたいです。
百合亜は、13年ぶりの家族や周りの環境の変化に戸惑う一方で、「本当に事件の被害者であったのか?」と思われるような行動をとる女の子。最後の最後まで、本心を隠す百合亜を視聴者の皆さんに楽しんでいただけたらと思っています。台本では、それぞれのキャラクターの気持ちの行き違いの心情が細かく描かれていて面白いなと思いました。何より、脚本家の浅野妙子さんが描くストーリーは毎話早く続きが観たくなるような展開になっているので、私も視聴者の皆様に「次も観たい!」と思ってもらえるようなお芝居ができるよう頑張ります。
原作のBBCで放送された作品「サーティーン/13 誘拐事件ファイル」も拝見したのですが、主人公のアイビー(※本作では百合亜)が13歳で時が止まった純粋な部分と、なんだか大人っぽい魅力を感じさせる部分を持っていて、とても魅了されましたし、その言動に最後までハラハラドキドキさせられました。彼女の13年間の過ごし方を感じとり、私も演じる上でこの魅力を表現できたらな、と思っています。「過去は取り戻せなくても前に進むことはできる!」ということを教えてくれる作品だと思います。とにかくハラハラドキドキしながら、最後の結末まで楽しんでいただきたいです。百合亜のつかみどころのない魅力を、しっかり表現します!

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事