乃木坂46出演ドラマ「猿に会う」メインビジュアル

乃木坂46・4期生が仲良し女子大生3人組を演じるドラマ「猿に会う」メインビジュアル&場面写真公開

4月10日(金)からdTVにて配信スタートする乃木坂46出演ドラマ第2弾『猿に会う』のメインビジュアルと第1話の場面写真が公開された。


本作は、乃木坂46の4期生・賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜が演じる、教室の少し端にいるような仲良し女子大生3人組が、日光への旅行を通じて殺人事件など様々なトラブルに見舞われながらも、それぞれの人生を見つめ直すロードムービー。
公開されたメインビジュアルは、“女子としての最後の旅”がテーマの旅に向かう車の荷台に3人が仲良く座り、それぞれ楽しげで晴れやかな表情を浮かべているもの。
冴えないながらも女子大生ライフを満喫している様子を描きながら、本作の主人公で耳に大きなホクロがあるというコンプレックスを抱えるまこ(賀喜遥香)、しっかり者で物事を四捨五入しがちな性格のきよ(清宮レイ)、今まで恋愛経験がなく歯の矯正をしているおっとりとした性格のさつき(柴田柚菜)といった、それぞれの個性も伝わってくる仕上がりとなっている。


dTV

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事