上白石萌歌主演「子供はわかってあげない」

上白石萌歌主演「子供はわかってあげない」予告映像公開

上白石萌歌が主演を務める映画『子供はわかってあげない』の予告編映像と新ビジュアルが解禁された。


本作は、「マンガ大賞2015」や数々の漫画賞を受賞し、糸井重里、夏帆、西野七瀬ほか著名人たちが好きな作品として挙げる田島列島の同名漫画を、沖田修一監督が実写映画化。主人公の高校2年生の美波がちょっと変わった書道部員・もじくんと運命的に出会い、ひと夏の甘酸っぱい冒険の中で成長していく姿を描く。
上白石萌歌が主人公・美波を演じ、相手役のもじくんこと門司役には、超新人ながら石井裕也監督の『町田くんの世界』主演に大抜擢され話題を呼んだ細田佳央太。そして人間模様を鮮やかに彩るキャストには、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治など、実力派の名優陣が大集結し、物語を彩る。

「子供はわかってあげない」ポスタービジュアル「子供はわかってあげない」ポスタービジュアル

「子供はわかってあげない」ポスタービジュアル

予告編映像で描かれるのは、“普通の”女子高生・美波に待ち受ける、ちょっぴり“普通じゃない”ひと夏の出会いのオンパレード。
個性豊かなキャラクターたちが織りなす、怒涛の展開には沖田監督らしさが感じられる一方で、監督の新境地ともいえる、ラストの美波の告白シーンは必見。10代最後の上白石が魅せるナチュラルな表情が、少しずつ大人に向けて成長する美波と見事にマッチし、普通じゃないけど、さわやかな感動、そして胸騒ぎの夏休みを予感させる。

また、美波ともじくんの出会いのきっかけとなる劇中アニメ「魔法左官少女バッファローKOTEKO」で、主人公・KOTEKOの声を務めるのは、人気声優の富田美憂。さらに、浪川大輔、櫻井孝宏、鈴木達央、速水奨など、超豪華声優陣の出演も決定。アニメーション制作は颱風グラフィックスが担当し、沖田監督のこだわりもつまった、本格的な劇中アニメに仕上がっている。
あわせて、美波のまっすぐな瞳と、「あの夏の出会いが私を変えた」というコピーが印象的な新ビジュアルも公開された。

『子供はわかってあげない』は、6月26日(金)より全国公開。



この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事