ラストアイドルの西村歩乃果、阿部菜々実、長月翠、篠原望(左から)

[Interview]ラストアイドル阿部菜々実・長月翠・西村歩乃果・篠原望に聞く、選抜オーディションバトルと人生のターニングポイント

4月15日(水)に8枚目のシングル「愛を知る」をリリースするラストアイドル。6thシングルから2作続けて全員で表題曲を歌ってきた彼女たちだったが、今回、表題曲を歌えることになったのは18人。その選抜メンバーを決めるため、オーディション番組から誕生した彼女たちの原点回帰とも言える「選抜オーディションバトル」が開催された。


完全立候補制のオーディションバトルには41名が参加。有識者、メディア関係者及びラストアイドルスタッフが審査員として歌とダンスを中心に審査を行った。

今回は見事選抜の座を勝ち取ったメンバーの中から、オーディションで1位を獲得し表題曲のセンターに選ばれた阿部菜々実と、タイプ別カップリング曲でそれぞれセンターも務めている長月翠、西村歩乃果、篠原望の4人に話を聞いた。

4人が注目した選抜メンバー……実力を見せつけた大森莉緒と山本愛梨、ダークホースの白石真菜

―選抜メンバーが決まって、選ばれた18人にはどんな印象を持ちました?

長月翠 18人を見て、まとまってるなというか、“ラストアイドルです!”っていう感じのメンバーだなと思いました。個々のユニットをバランス良く凝縮した感じ。今まで2期生アンダーとかは歌唱メンバーの子があまりいなかったので、一緒に選抜になって新鮮な気持ちだし、2期生アンダーの子がいっぱいいるところに松本ももなが入っている(※)のとかを見ると、画が新しくてワクワクするというか、ラストアイドルがまた新しく変わったなと思いました。(※フォーメーションの3列目は松本だけが1期生)

西村歩乃果 自分が目立ちたいという気持ちが強いメンバーなのかなと思いました。控えめな子とかはあまり入っていない印象があって、自分を見てほしいというのが強いメンバーが集まった感じはあります。いい意味で、たぶん自分のことを見せるのが上手い人なのかなと思いました。

篠原望 選抜メンバーが決まった時は、まだ自分が入れたことにビックリで、うれしいよりも驚きのほうが大きかったんですけど、審査員の方々に「入ったメンバーは何か輝くものがあった」って言ってもらえたので、一人ひとりの持っているものが18人合わさって、いいものになっていくんじゃないかなって感じました。

―選抜に入ったメンバーの中で、それぞれ注目しているメンバーを教えて下さい。

阿部菜々実 おーりお(大森莉緒)ちゃんがフロントに来たことが一番うれしいです。おーりおちゃんのことはラストアイドルに入る全然前、小学生くらいの頃から知ってて、私なんかより全然すごいところで活躍していた人だったから、ラストアイドルに入って「みんななんで、おーりおちゃんの良さがわからないの?」「なんで前に出さないの?」って思っていたので(笑)、ようやく審査員の方がおーりおちゃんを見つけてくれてうれしいです。

阿部菜々実

阿部菜々実


長月 私もおーりおと、山本愛梨ちゃんです。おーりおは、それこそ前のグループの時から手の届かないような存在で、知り合いでもなんでもなく、こっちが一方的にすごい人だと思っていて、『ラストアイドル』の1stシーズンで挑戦者として来た時も「すごい!おーりおちゃんだ!」と思って見てたくらいなんです。
ラストアイドルになってから、あんまり今までの“おーりお”が見れなかったというか、今までの“おーりお感”を出してなかったんですけど、今すごく自分を出す努力をしていて、この順位もいつかひっくり返されちゃうんだろうなと思うと少し恐怖なんですけど(笑)、一緒に頑張りたいなって思います。

篠原 私は山本愛梨さんとオーディションで同じ組になって、同じ組の中で愛梨さん以外はみんな2期生アンダーだったんですけど、歌唱力もダンスも圧倒的にすごくて、やっぱり違うなと思いました。審査員の方々が愛梨さんを見る目も、自分がやっていた時と違うように感じました。だから今回選抜として一緒に活動出来ることがうれしいです。

西村 選抜に入った時に正直ビックリしたのは、しーまな(白石真菜)なんですけど、選抜に落ちちゃったメンバーでも結構踊りが上手かったり歌が上手かったりというメンバーもいたので、そこへパッションで入り込んできた感じがすごいなと思いました。逆に自分はそういうパッションみたいなものが足らなかったなって思っていたので、しーまなすごいなって思いますね。

立場が違えば、オーディションに挑む心境も様々

―今回の選抜オーディションバトルは立候補制でしたが、「実は立候補するか迷った」という人はいますか?

西村 迷いました。諦めじゃないけど、受けて落ちたら恥ずかしいなと思って。今までずっとフロントだったんですよ。だからオーディションを受けてフロントから落ちるのもちょっと恥ずかしかったし、それこそ選抜に入れなかったりしたら一番恥ずかしいと思っていて。しかも自分は一応ラストアイドルの中でもまだちょっと名前が知られているほうでもあったから、「え、入ってないじゃん(笑)」みたいに、たぶん人一倍思われると思うんですよ。だからそんな思いするんだったらもういいかな、と思って。

―それでも出ようと決めたのは?

西村 「入れないだろうな」って思っている反面、「ま、いけるだろ」みたいな気持ちもあって(笑)。どうしようかなとは思ったんですけど、「やってみるか!」と思って受けてみました。

西村歩乃果

西村歩乃果

―でも受けてよかったですよね?

西村 受けてよかったんですけど、フロントに入れなかったんです。5位までがフロントで、7位なので2列目なんですよ。順位には納得してるといえば納得しているんですけど、(2列目になったことが)ちょっとなんか恥ずかしいというか……。

長月 ビジュアル点とか欲しいよね? 歌とダンス以外にビジュアルで加点があれば、そしたらもう(西村が)ぶっちぎりよ?

西村 いや〜(笑)。でも、TikTokとかYouTubeとかで、ラストアイドルを知らなくて西村歩乃果を知ってくれたっていう人が結構いて、自分的には(ラストアイドルを知ってもらう)入り口だと思ってるんです、めっちゃナルシストなこと言いますけど(笑)。だから入り口として、入り口点みたいなのがあれば(笑)

―貢献度ってことですね(笑)。皆さんは自分の順位について、どう受け止めてますか?

阿部 オーディションの時に順位にこだわって受けたわけじゃなかったから、1位になってビックリしたというか。全然手応えもなかったし、「いいのかな?」って思いました。でも前作も前々作もセンターで、それ以外だったら(ポジションが)落ちちゃったことになるので、安心したっていう気持ちが一番最初に来ました。

長月 私、いろんなところで「2位じゃなかったら辞めてやる!」って言ってたんです。センターは、なったことないのであんまり言える立場じゃないんですけど、重圧が大きいので今は嫌なんですよ。「卒業する時に真ん中でお願いします」って思ってる程度で。後の順位も今までの自分と違う立ち位置なので嫌だなと思っていたので、本当に安心しました。「2位以外なら辞める」って言いながら、内心ドキドキしてました。

篠原 私はオーディションが本当に上手くいかなくて、風邪をひいていたっていうのもあって声も全然出なかったし、全く手応えがなかったので、13位で呼ばれたっていう驚きが大きかったです。

―“ラストアイドル”というと様々なバトルをこなしてきたイメージがありますが、篠原さんたち2期生アンダーにとっては、2期生を決める時の入れ替えバトルしか経験がないので、1期生ほどバトルへの免疫がないと思うんですが、オーディションバトルに参加することに躊躇いはなかったですか?

篠原 そうですね。でも、逆にいうと2期生アンダーという立場は、チャレンジしてみることに意味があるというか、ダメで元々というか。1期生さんをテレビで見ていて、2期生の入れ替えバトルが終わったらすぐ団体行動を全員でやらせてもらえたり、チャンスはたくさん頂いていたので、今回も、選抜に入っても入らなくても、やることに意味があると思って挑戦しました。

―1期生と一緒にオーディションバトルというのも初めてだったと思いますが、その中から選抜に食い込めたことは自信になりました?

篠原 逆に自信がなくなったというか……やっぱり皆さんのポテンシャルが高いから、どちらかというと、ここにいて大丈夫かな?っていう不安のほうが強くなりました(笑)

篠原望

今作の衣装はメンバー1人ひとり少しずつアレンジされており、篠原の場合はウエスト部分がコルセット風になっているのがポイント

―阿部さんと長月さんは、初めて一緒にオーディションバトルをした2期生・2期生アンダーからどんな印象を受けました?

長月 この子ってこういう歌を歌うんだとか、この子ってこういう場面でこういう自分の見せ方をするんだっていう意外な一面が見れました。たとえば洋服とかも、今までは衣装を着て、頂いた曲を歌っているだけだったけど、オーディションって自己プロデュースだから、自分をこう見ていて、自分にはこれが合ってると考えてやってるんだなっていう新たな一面を見れました。

阿部 最初の2期生の入れ替えバトルからみんなすごくアイドルになっていて、特に佐佐木一心ちゃんを見た時にめちゃめちゃアイドルになってるなって思いました。すごい成長してたし歌も上手だったし、1年でこんなに変わるんだって感動しました。

メンバーの本質を見抜くakane先生の言葉

―前作に続いて登美丘高校ダンス部総監督のakaneさんが振付けを担当されています。番組を見ているとダンスに対してすごく厳しいイメージがありますが、同時に皆さんがakaneさんをすごく慕っているのも伝わってきます。それはやっぱりakaneさんの人柄なんでしょうか?

(4人うなずく)

長月 間違ったことは言わないです。大人の人に「あなたはこういう人でしょ?」って言われた時に、正直、「えっ、違うんだけど」って思うこともあるんですよ。でも、akaneさんは絶対そんなことなくて、言われたら「あ、そうです……」って認めちゃう感じ。すごく人のことをしっかり見てくれるし、怒ることも理不尽じゃないんですよ。だから、ついていきたいなって思える人です。

長月翠

長月翠

―ダンスレッスンの時に1人ずつakaneさんと面談されてましたが、どんなお話をされたか話せる範囲で教えて頂けますか?

阿部 「すごい頑張ってるのは伝わってくるし、センターのプレッシャーも私が計り知れないくらいあると思うけど、ロボットみたい」って言われました(笑)。全然感情が出ないし、結構色んな人から言われることが多いから自分でもわかってるんですけど、今まで直そうとしたことが一回もなかったんです。でも、akaneさんに「みんなに心を開いていったら、ラストアイドルがもっといい方向に行くと思うよ」とか、「嫌なことは嫌って言っていいし、喜ぶ時は喜んでいいんだよ」って言ってもらえて、初めて直したほうがいいのかもなって思いました。

西村 私、(歌唱審査で)ポケットから目玉を取り出すパフォーマンスをして、ダンスも歌もあまり得意じゃなかったから、自分の見せ方で挑んだみたいなところがあったんですけど、中には、メンバーとかじゃないんですけど、「そんなふざけないほうがいいよ」っていう声もあったんですよ。でも私はふざけてるつもりは全然なくて、本気でやりにいったし、自分の見せ方としては一番それが相応しいのかなと思ったのでやったんですけど、まあそう思う人もいるだろうなと思った反面、akane先生は「ただ歌が下手とかダンスが下手とかで諦めないで、他のところで見せようとするのがすごくいいところだと思った」って言ってくれて、やって良かったなって思いました。

篠原 私はダンスとかを怒られるかなって思ってたんですけど、「ダンスも歌も苦手なのは見てればわかるけど、すごく努力できる人だなと思う」って言ってもらえて、私あんまりakane先生とたくさん話したりしたことがなかったので、どう見られているかわからなかったんですけど、そう言ってもらえてもっと頑張ろうって思えました。あと、この曲すごい明るい曲なので「もっと殻を破れればいいね」って言われて、確かにけっこう閉じこもりがちな感じなので(笑)、成長していけたらいいなって自分でも思いました。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事