• 音楽
  • 新譜やライブなど音楽関連の最新ニュースはこちら
水野良樹×上白石萌音

上白石萌音、いきものががり・水野良樹提供の新曲を5月配信リリース

4月からNHK『みんなのうた』で放送されている上白石萌音の新曲「夜明けをくちずさめたら」が、5月11日(月)に配信シングルとしてリリースされることが決定。また、7月17日から上演される、NHKみんなのうた 日生劇場ファミリーフェスティヴァル2020 ミュージカル「リトル・ゾンビガール」の主題歌にも決定した。


「夜明けをくちずさめたら」は、いきものががり・水野良樹が初めて上白石のために書き下ろした楽曲。NHK『みんなのうた』から、楽曲制作の依頼を受けた水野が、かねてよりその歌声に注目していた上白石の歌唱を提案し、オファー。いきものがかりの楽曲を通して、水野の作品を聴いてきた上白石は思いがけないオファーに感動し、初めての
対面とコラボレーションが実現した。

誰もが抱える孤独と、愛されたいと願う気持ちを歌った、心に響くバラード。上白石のヴォーカルのレコーディングには、水野も立ち会った。水野が細かいニュアンスを伝え、上白石が歌で応えると拍手が起きるなど、緊張感の中にも終始笑顔の絶えない雰囲気でレコーディングを終えた。

主題歌として劇中で歌われることが決まった、NHKみんなのうたミュージカル「リトル・ゾンビガール」は、上白石萌音自身が主演(Wキャスト)を務める作品。
ゾンビの小さな女の子・ノノと、心優しい人間の男の子・ショウ、人間とゾンビとの対立が激しくなる中、仲良くなってはいけないはずの二人の友情が描かれる感動ストーリーに、「夜明けをくちずさめたら」が花を添える。

上白石萌音コメント

いきものがかりさんの曲は、いつどんな精神状態で聴いても、自分らしいところに戻れるような、この音に私は育ててもらったと言っても過言ではない存在です。そんな水野さんの曲を歌わせていただけることに、とても感動しています。
曲をいただいた頃、私もすごく寂しく、孤独を感じていた時期だったのですが、水野さんのあたたかいお人柄や人に対する想いが詰まっている気がして、一人じゃない、大切に歌おうと思えました。
日々辛いこともあると思いますが、早く明日が来ないかなと、顔を上げて前を向けるような曲です。私自身も、この曲に出会えたことを感謝しています。皆さんにとっても、そんな曲になりますように。

水野良樹コメント

この楽曲は、いろいろな人たちがぶつかり合う中で、多様性を認め合うことをテーマに書いて欲しいという依頼を受けて書きました。そして、以前から自分の書いた曲を上白石さんに歌って欲しいと思っていたので、今回オファーをさせていただきました。
上白石さんの歌声は、技術に頼るわけでなく、それでも一言一言に説得力がある。僕がいきものがかりで大切にしてきたことも、すごく感じ取ってくださっているのを知っていたので、今回いいタイミングで出会えて、歌作りをさせていただいた気がしています。
朝でも、夜でも、ちょっと隣に置いておけるような、それぐらい気持ちで長く愛していただける曲になったと思います。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事