「映像研には手を出すな!」第3話先行カット

齋藤飛鳥、今度は戦車で大砲をぶっ放す!? ドラマ「映像研」第3話場面カット解禁

MBS/TBS系「ドラマイズム」枠で放送中の、乃木坂46・齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が出演するドラマ『映像研には手を出すな!』から、第3話の場面写真が解禁された。

第2話では、浅草みどり(齋藤飛鳥)、水崎ツバメ(山下美月)、金森さやか(梅澤美波)の「映像研(仮)」の3人が、大・生徒会から正式な部として承認されるべく「活動実績」を提出。それはアニメではなく、部室内の古びた手すりが壊れ浅草が落下するという、衝撃映像。偶然撮影できたこの映像と、さらに金森の言葉巧みな駆け引きもあり、なんとか「映像研」が誕生。しかし、今度は大・生徒会が仕切る「予算審議委員会」で活動成果を見せなければならない、という更なるハードルが……。

そして第3話では、活動成果=アニメをいよいよ制作すべく、必要な備品の確保、そしてどんなアニメを作るかの企画会議に挑む。しかし、子どものように自由に行動する浅草と水崎に、プロデューサー役の金森は大苦戦。3人のコミカルな掛け合いに注目だ。

そして、齋藤飛鳥演じる浅草が想像する「最強の世界」のシーンは今回も登場。3人がまるで特撮映画のような風景の岩山に降り立ち、なぜか戦車に乗って大砲をぶっ放し…!? 今回も実写版「映像研」の魅力が満載で、あっというまの30分が展開する第3話になっている。

TVドラマ『映像研には手を出すな!』第3話は、MBSにて4月19日(日)24:58から、TBSにて4月21日(火)25:28から放送。他各局でも順次放送となる。映画版『映像研には手を出すな!』は近日公開予定。

©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事