「猿に会う」メイキングカット

乃木坂46出演ドラマの名場面を主題歌「I see…」にのせて振り返る特別映像公開 「猿に会う」メイキング番組の配信も決定

映像配信サービス・dTVで配信中の乃木坂46出演ドラマ『サムのこと』と『猿に会う』の特別版トレーラー「サムのこと/猿に会う SPECIAL Ver.」が、YouTubeで公開された。


映像は、両作品の主題歌に起用されている4期生メンバーが歌う「I see…」の楽曲にのせて、ドラマの名シーンを集めたもの。

遠藤さくらが主演の『サムのこと』は同じアイドルグループのメンバーだった1人が亡くなったことをきっかけに久々に集まった元メンバーたちが当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様を描いた群像劇。
今回のトレーラーには、ダンスの練習などアイドル活動を行っているシーンを中心に元メンバー同士の楽しい思い出や他人に打ち明けられない様々な悩みを抱える苦悩のシーンなど、気になる場面が多数使用されている。

一方、賀喜遥香が主演の『猿に会う』は、教室の少し端っこにいるような仲良し女子大生3人が日光への旅行を通じて、殺人事件など様々なトラブルに見舞われながらも、それぞれの人生を見つめ直すロードムービー。
特別版トレーラーには、旅先で起こる様々な出来事を中心に、大学でのキャンパスライフなど可愛らしいカットがふんだんに使われている。

さらに、『猿に会う』のメイキング番組『猿に会う~乃木坂46 4期生と出会う~【前編】』『猿に会う~乃木坂46 4期生と出会う~【後編】』が4月24日(金)~25日(土)の2日間にわたって配信されることも決定した。

堀未央奈がナレーションに初挑戦した本メイキング映像には、監督が熱心に演技指導する様子やメンバーがカメラマンになり他のメンバーを映す様子など、オフショット映像が盛りだくさん。中には長いセリフがなかなか上手く言えずに清宮が涙する場面も……。クランクインからクランクアップまで4期生メンバーの素顔と撮影の舞台裏に迫ったメイキング映像となっている。

3人のコメントも多数収められており、賀喜が日光東照宮で涙を流すシーンについて「違うことを考えて泣いたら違う涙になってしまうと思ったので、二人(清宮、柴田)を見ていたら大好きな気持ちが出てきて勝手に泣いていました」と、裏話を披露。清宮は「台本に自分の名前が載っていることが初めてですごく嬉しかったです。セリフが多くて覚えるのに必死でしたが多くのスタッフさんが支えてくれて乗り切ることができました」と喜びのコメント。また、歯に矯正をつけた役に挑戦した柴田は「最初はサ行とタ行が言いづらかったですが、自宅で練習をして段々慣れていって聞き取れるくらいに上達しました」と苦労した点を明かしている。



この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事