「感動シネマアワード」グランプリ作品出演者&監督

宮沢氷魚や福地桃子を主演に迎えて映画製作 「感動シネマアワード」グランプリ作品決定

長谷川京子、真木よう子、新垣結衣、中村蒼、内田理央らが所属する大手芸能事務所・レプロエンタテインメントが主催する、「映画をつくりたい人」を募集するプロジェクト『感動シネマアワード』のグランプリ作品6作品が発表された。


本プロジェクトは、heartwarming(心温まる)、be moved(心動かされる)、be inspired(鼓舞される)、be blown away(圧倒される)、soul-stirring(魂を揺さぶる)といった様々なニュアンスを持った、観客の心を揺さぶる、“感動する”企画を全国から募集し、同社出資のもと製作する映画コンペティション企画。

同社に所属する、映画業界の将来を担う6人の若手俳優から1人を主演に選び、企画概要と脚本を応募する部門から6作品がグランプリで選ばれ、それぞれ宮沢氷魚、福地桃子、うらじぬの、堀家一希、山崎果倫(※「崎」は「たつさき」が正式)の6人の主演で製作されることが決定した。

現在出版社で漫画編集者として働く葛里華(かつ・りか)監督が書き上げた『はざまに生きる、春(仮)』で主演を務める宮沢は、「初めて脚本を読んだ時から引き込まれ、作品を手がけた葛里華さんともお話をして、彼女の熱量に感激しました」とコメント。葛監督も、「宮沢さんは、拝見する度に、眼差しや佇まいから、彼にしか出せない唯一無二の存在感と、目が離せないミステリアスな魅力を感じていました。さらに彼が紡ぐ言葉たちからは、彼の心の美しさがビシバシと感じられ、“素直さ”が重要となる屋内透役(※主役)を、絶対演じていただきたい!と思っていたので本当に光栄です」とコメント。

2018年公開の初長編映画『真っ赤な星』で劇場デビューを果たした井樫彩(いがし・あや)監督が書き上げた『あの娘は知らない(仮)』で主演を務める福地は、「未知な部分への楽しみと不安と向き合いながら、良い作品になるように全力を尽したいと思っています」と、また井樫監督も「福地さんと一緒に作品をつくれること、とても楽しみでなりません だれかの、だれかひとりの心に届く作品をつくれれば良いなと、思っています」と、主演、監督共に製作への意気込みを語った。

「感動シネマアワード」グランプリ作品

「はざまに生きる、春(仮)」葛里華監督/主演:宮沢氷魚
「あの娘は知らない(仮)」井樫彩監督/主演:福地桃子
「炎上する君」ふくだももこ監督/主演:うらじぬの
「世界は僕らに気づかない(仮)」飯塚花笑監督/主演:堀家一希
「階段の先には踊り場がある(仮)」木村聡志監督/主演:植田雅
「夢の中」都楳勝監督/主演:山崎果倫

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事