• 書籍
  • 雑誌、写真集、エッセイなど書籍関連の話題
Zoom囲み取材を行った NMB48・村瀬紗英

NMB48村瀬紗英、業界初の試み!? 1st写真集の囲み取材を「Zoom」で

NMB48の村瀬紗英が22日、1st写真集「Sがいい」(主婦と生活社/撮影:熊木優)を発売。同日、オンライン会議ツール「Zoom」を使って囲み取材を行った。


本写真集の発売を記念した囲み取材は当初、都内の書店で実施される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「Zoom」を使ったかたちに変更。担当編集者によればおそらく業界初の試みだという。

記者からの質問に画面越しで受け答えし、「初めてのことで試行錯誤しながらなんですけど、ドキドキしながら楽しんでできています。たくさんの媒体の方が集まってくれたことにビックリしていて、本当にうれしいです」と、新たな試みに目を輝かせた村瀬。
外出自粛要請によりイベントの開催等が困難な現状を受けて、「私自身も大好きだったライブができなくなったりとか写真集もイベントが延期になったりして、先が見えずに不安な日々が続いてると思うんですけど、みんなで乗り越えるしかない」と力を込め、「その期間でどれだけ自分を高められるか、どうやったら皆さんに楽しんでもらえるか、次に何か面白いことができるか考える。そういう状況だからこそ、考えようとか挑戦しようという気持ちが芽生えるので、また何か発表できたらいいなと思います」と、この状況の中でできることを模索していきたいと語った。

写真集の舞台は、村瀬が2018年に参加した日韓合同オーディション番組『PRODUCE48』で訪れ、「オーディションで刺激をもらったり、成長できた場所」だという韓国。
撮影は1月末に2泊3日で行われ、担当編集者によると「あと2~3日遅かったらコロナの影響で韓国には行けなかった」という。さらに「校了したのも緊急事態宣言の前日だった。もう1日遅かったら校了すらできなかった」と、ギリギリのタイミングで発売にこぎつけたことが明かされた。

顔面偏差値の高さとバツグンのファッションセンスで、NMB48のおしゃれ番長として支持を集める村瀬が、3週間で作り上げた見事なボディラインを披露している本写真集。
本人のお気に入りは、ピンクのビキニを着用し、イチゴを手に持った1枚。「ジムに通ったり筋トレしたり、食事にも気をつけていて、トマトとイチゴを主食にしていた」という体づくり期間の思い出のイチゴと共に撮影された写真で、「広告っぽいさわやかな雰囲気もあってお気に入り」と話す。

タイトルの「S」にはいろいろな意味が込められているそうで、「セクシーとかスマイルとかサディスティックとか、紗英のSとかいっぱい意味があって、編集の方から、1つの文字に縛られてなくていろんな魅力を持っているのが紗英の魅力と言っていただけたのがうれしくて、気に入っています」と語る。
最近お気に入りの「S」は「サプライズ」。初めて選抜に入った時や写真集の発売などを自分の口から父親に報告しなかったそうで、「いつもファンの方と知るタイミングが一緒なんです。いつもビックリしてくれるのがうれしい」と笑みを浮かべた。

会見の最後に異例の“Zoom囲み取材”の感想を求められると、「決まった時はどうなることやらとドキドキしてたんですけど、たくさん質問していただて、自分も写真集について楽しく話せてありがたかったです」と笑顔。「“おうち時間”で楽しめる一冊になっていると思うので、是非“おうち時間”をこの『Sがいい』と一緒に楽しんでください」と写真集をアピールした。


(C)主婦と生活社

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事