竜星涼&古川雄輝

古川雄輝&竜星涼がツンデレ男子&方言おっとり男子の癒し系“純愛BL映画”でW主演

俳優の古川雄輝と竜星涼が2020年秋全国公開の映画『リスタートはただいまのあとで』 でダブル主演を務めることがわかった。


本作が初共演となる2人。古川が演じるのは都会の生活に疲れて人生挫折中のツンデレ男子・孤塚光臣。竜星は田舎暮らしで優しい方言おっとり男子・熊井大和を演じる。

原作の同名漫画はハートウオーミングな純愛BL作品。
大和への第一印象は「馴れ馴れしくてウザい奴」。そんな光臣が、自分にはない魅力をもつ相手に、恋愛感情として次第に惹かれていく姿を描く。

監督は、“泣ける胸キュン映画”の代表とされる『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
『パーフェクト・ワールド 君といる奇跡』や『旅猫リポート』など数々の映画をプロデュースした井上竜太が、本作で長編映画監督デビューを果たす。

井上監督にはデビュー当時からお世話になっているという古川は、「今回、監督の初の長編映画で主演を務めさせて頂き非常に光栄です。 デビュー時からの恩返しをしたいという強い思いを持って作品に挑みました」とコメント。
竜星は「まだこれが恋なのかさえも、、きっとどなたにでもある異性への感情が同性にも起こり得るその過程を丁寧に描いた新しい作品になっています。自分に足りないものを2人で補いながら新しいステップへと進む姿はとても美しく、逞しく見えるはずです」と、作品をアピールしている。

「リスタートはただいまのあとで」ストーリー

職場で上司に人間性を否定され、会社を辞めて10年ぶりに田舎に戻った光臣(古川雄輝)は、近所で農園を営んでいる熊井のじいちゃんの養子・大和(竜星涼)と出会う。
大和のことを「馴れ馴れしくてウザい奴」と思っていた光臣だが、父親に実家の家具店を継ぐ事を拒絶され、農園の手伝いをはじめると、大和と過ごす時間が増えていく。
ふさぎこんでいる光臣を励まし、心の痛みに寄り添う優しい大和。次第に、自分の弱さも受け入れてくれる大切な存在に変わっていく。
ある夜、酔いつぶれた二人だったが、目が覚めた光臣は寝ている大和に思わずキスをしてしまい・・・抱いている感情にハッとする。
大和の高校の同級生で親友の上田から、「アイツには秘密がある」と耳打ちされたことを思い出した光臣の前に、親しげに大和と話す年上の女性が現れて・・・。
光臣は大和へ想いを伝えることはできるのか?
そして、親との確執を乗り越えて、自分の夢と向き合う事ができるのか?

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事