「ずっと真夜中でいいのに。」アー写

岡田将生×志尊淳×平手友梨奈「さんかく窓の外側は夜」主題歌は“夜”つながりの“ずとまよ”

岡田将生と志尊淳がW主演を務め、平手友梨奈がヒロインを演じる映画『さんかく窓の外側は夜』の主題歌が、“ずとまよ”の略称で知られる音楽ユニット・ずっと真夜中でいいのに。の新曲「暗く黒く」に決定した。


ヤマシタトモコの同名漫画を映画化する『さんかく窓の外側は夜』は、岡田将生演じる霊を祓うことができる男=冷川と、志尊淳演じる霊を視ることができる男=三角のふたりが、“除霊”を使って謎や事件を解決していくミステリー作品。
主演を務める岡田将生と志尊淳に加え、ストーリーの鍵を握るヒロイン・ヒウラエリカ役に平手友梨奈のほか、滝藤賢一、筒井道隆、マキタスポーツ、新納慎也、桜井ユキ、和久井映見が出演していることが発表されている。
監督は森ガキ侑大が務め、脚本は相沢友子が担当した。

主題歌は、6日にずとまよのYouTubeチャンネルで配信された「お風呂場ライブ 定期連絡の業務」内で発表された。
「暗く黒く」は、本作のために書き下ろした新曲で、同原作漫画のファンであることに加え、映画タイトル『さんかく窓の外側は夜』と、アーティスト名「ずっと真夜中でいいのに。」が、“夜”が共通点ということから今回の主題歌担当が決まった。

なお、同楽曲は8月発売のミニアルバム「朗らかな皮膚とて不服」には収録されず、リリース情報は後日発表される予定。
映画『さんかく窓の外側は夜』は、10月30日(金)全国公開。

©2020「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事