• その他
  • その他の芸能・エンタメニュース。舞台・書籍・ラジオなどの話題はこちら
「SOPHISTANCE」イラスト

涙の別れから10年目…ももクロと早見あかりが共演

ももいろクローバーZの百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れに、そして2011年4月に同グループ(当時の名称は「ももいろクローバー」)を脱退した女優の早見あかりの5人が、イラストを元にしたイメージ映像で念願の共演を果たした。


5人の共演が実現したのは、肌に悩むモデルやアーティストのために開発されたスキンケア商品「SOPHISTANCE(ソフィスタンス )」の動画。
SOPHISTANCEの保湿美容液を気に入った百田がももクロメンバーや脱退後も交友を続けている早見にも紹介。もっともっと広めて、肌で悩む多くの人に届けたいと、彼女ら自らが志願し、5人が同商品のアンバサダーに就任することとなった。

自分と向き合い、ももクロ脱退を決意した早見と、ももいろクローバーZとして自分を磨き続けてきた4人それぞれが大人へと成長した今、「いつかまた成長した姿で一緒に仕事しよう」と誓った約束を、SOPHISTANCEのアンバサダーとして果たすかたちとなった。
コロナウイルス感染対策で外出自粛が続く中、アフレコ収録はリモートで実施され、ブランドビジュアル用の写真撮影など対面でのアンバサダー業務は先送りとなったが、涙の別れから10年目の節目に、イラストとはいえ再会の夢を叶えた今回のイメージ映像は、当時の5人を知る者にとって、感慨深い仕上がりとなっている。

百田は「あかりんと一緒に並んでいるイラストを見た時に、当時の気持ちに少し戻ったり、でもそれぞれが大人になってたり、とっても不思議に気持ちになりました。別々の道を約10年間歩んできて、こういう形でまた一緒にお仕事できることは、すごく嬉しく思います」と感慨ひとしお。
早見は「今まで5人で一緒にお仕事をするということが無かったので、『ついに来たか!?』と本当にテンションが上がりました」と話し、「リモートならではの新しい表現で、みんなの記憶に残る作品になるのではないかなと思っています。実際に撮影が行われるのが、本当に楽しみで待ち遠しいです」と胸を躍らせているようだ。

イメージ映像は5月17日(日)正午に公開される。

百田夏菜子 コメント

あかりんと一緒に並んでいるイラストを見た時に、当時の気持ちに少し戻ったり、でもそれぞれが大人になってたり、とっても不思議に気持ちになりました。別々の道を約10年間歩んできて、こういう形でまた一緒にお仕事できることは、すごく嬉しく思います。5人で撮影する日が来たら、緊張もしちゃいそうだし、いろんな気持ちでいっぱいになりそうです。今回、あかりんの声と自分たちの声が重なるというのも、やっぱり特別な思いがたくさん込み上げてくるので、一緒に撮影できる日が早く来たらいいなぁと思います。

玉井詩織 コメント

今回このイラストで5人が揃ったことは、ちょっとした同窓会みたいな気分で、すごく私たち自身も嬉しいですし、すごく懐かしさも感じています。大人になった私たちの共演はすごく嬉しいですね。今の状況が落ち着いたら、カメラの前に5人揃って立って撮影をして、どういう成長をしてきたのか自分たちの写真を客観的に見るのが、すごく楽しみです。

佐々木彩夏 コメント

今の状況で撮影が延期になってめちゃめちゃ残念ですけど、それが出来ない中でも、イラストと声という形で共演できて一緒に作品が作れて嬉しく思います。私は、あかりんがももクロを辞めた時は、中学生で本当に幼かったですが、今でもその時のことをハッキリと覚えているので、もう10年近く経っているんだって感覚ですが、大人になった今、この状況が治まったら絶対一緒に撮影したいなって思います。

高城れに コメント

あかりんは、今はももクロのメンバーではないけれど、一緒に過ごしてきた仲間に変わりはないし、それぞれ大きくなったら一緒に仕事がしたいねって言ってたことが、今回の企画で約10年の時を経て現実になってとっても嬉しいです。直接会ってお仕事をするのが、今一番の夢かな。私達もいい意味で初心に戻れるし、お互いに刺激を得られると思います。

早見あかり コメント

今回、このアンバサダーのお話をいただいて、今まで5人で一緒にお仕事をするということが無かったので、「ついに来たか!?」と本当にテンションが上がりました。実際に会っての撮影は延期になりましたが、初めてイラストで共演している姿を目にした時に、約10年間の5人の成長した雰囲気がすごく出ていて、感慨深かったです。リモートならではの新しい表現で、みんなの記憶に残る作品になるのではないかなと思っています。実際に撮影が行われるのが、本当に楽しみで待ち遠しいです。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事