• その他
  • その他の芸能・エンタメニュース。舞台・書籍・ラジオなどの話題はこちら
今泉佑唯収録写真

醍醐虎汰朗×今泉佑唯W主演 リモート収録による会話劇 5日連続配信がスタート

醍醐虎汰朗と今泉佑唯がW主演を務めたオリジナル短編ドラマ『深海くんと月影ちゃん』#1がYouTubeで公開された。本日5月18日(月)から5日連続で配信される。


本作は、自分のことをごく普通の高校生だと思っている深海(ふかみ)くんと、常識を超えた言動で周囲を振り回す月影(つきかげ)ちゃんの2人による会話劇。毎話、高校生の日常を題材としながらも、現実にはありえないような出来事が続発する。

きょうから5日間連続、毎日21時に新作公開となる<シーズン1>は、深海くん役を醍醐虎汰朗、月影ちゃん役を今泉佑唯が務めた。
企画したのは、欅坂46の個人PV「今泉佑唯のひとり童話」を制作した加藤慶吾と小向英孝。メインビジュアルのイラストは、NHK「みんなのうた」をはじめとした作品でキャラクターデザイン、作画を数多く手がけるスズキハルカが描き下ろした。

新型コロナウイルス感染拡大による自粛要請が続く中、スタッフ、キャストが対面せず、完全リモート環境下で収録が行われ、“サウンドシネマ”という新たなエンターテイン メントの枠組みに挑んだ作品となっている。

醍醐は「1話あたりの時間も短く、クスッと笑えて、ドラマや映画を観賞する感覚とは違い、普段みなさんがYouTubeを見る感覚で気軽に見れると思います」とコメント。今泉は「現実離れしていて、クスっとどこか笑えるお話なので、皆様にとって、一日の終わりの楽しみになってくれたら嬉しいなと思います」と、作品をアピールしている。

なお、今後本作において広告収益が発生した際には、医療機関や新型コロナウイルス感染拡大防止のための基金などに全額寄付される。


醍醐虎汰朗 コメント

深海くんと月影ちゃん。初めて台本を読ませていただいた時に、放課後をテーマにした非現実的なストーリーとポップな世界観が面白いと思いました。1話あたりの時間も短く、クスッと笑えて、ドラマや映画を観賞する感覚とは違い、普段みなさんがYouTubeを見る感覚で気軽に見れると思います。
個人的には今泉さんのゴリラは必見です。笑
監督、スタッフさん、今泉さんと実際に会うことなく、画面越しに「初めまして」のご挨拶をして、収録がスタートしました。
このような作品に携わった体験は初めてでとても楽しい収録でした!是非、楽しんでください!!

今泉佑唯 コメント

外出自粛でなかなか自由がない今、わたしにもなにかできることはないかなと思っていたところに、以前お仕事でご一緒させていただいた加藤さん小向さんからお話をいただき、今回、初めてリモート収録でお芝居をしました!
醍醐さんとは初共演だったのでとても緊張しましたが、醍醐さんのパワーに圧倒されつつも楽しく収録させていただきました!
現実離れしていて、クスっとどこか笑えるお話なので、皆様にとって、一日の終わりの楽しみになってくれたら嬉しいなと思います。

監督 加藤慶吾・小向英孝 コメント

多くのクリエイターが、リモート環境下でチャリティーライブや短編映画制作を行なっている中、自分達にも何かできないかとずっと考えていました。しっかりとした制作費や体制が用意されているわけでもないこの企画に、賛同し尽力してくださったキャスト、スタッフ、関わっていただいたすべての方に感謝します。
今泉佑唯さんとはおよそ3年ぶり、醍醐虎汰朗さんとは初めてご一緒させていただきました。リモート環境での演出でしたので、醍醐さんご本人とはまだ一度もリアルな場でお会いしたことはありません(笑)。ただ、リアルな場では会えずとも、こうして新しい出会いから新しい作品を生み出すことができるのだということを、改めて実証できたように思います。
キャスト2人の怪演(?)は、「音の向こうで一体何が起こっているんだ!」と思わず想像をめぐらせてしまう体験です。1日の終わりに、ふっと心が軽くなるような時間をお届けできたら幸いです。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事