©ADK EM/劇場版 BEM 製作委員会

キスマイ宮田俊哉、声優初挑戦 妖怪人間ベムの劇場版「BEM」で「僕史上、最も軽薄な役」

Kis-My-Ft2の宮田俊哉が、2020年秋に全国公開される『劇場版 BEM〜BECOME HUMAN〜』にゲスト声優出演することがわかった。


本作は『妖怪人間ベム』の生誕50周年を記念して、原作の持つ設定やメッセージ性を残しつつも全く新しい解釈を施し舞台設定やキャラクターを大胆に変更し、2019年に制作・放送された完全新作TVアニメ『BEM』の劇場版。宮田は、ベムの親友で会社の同僚のバージェス役を演じる。

アニメ好きとしても知られる宮田だが、声優は本作が初挑戦。「挑戦してみたい気持ちはずっとあったので、今回オファーを頂いてすごく嬉しかったのですが、大好きなだけに同時にプレッシャーも大きかったです」と率直な心境を吐露する。
すでにアフレコを終えており、「ドラマとか舞台でのお芝居とは違って、キャラクタ ーの些細な体の動きにも全部アドリブを入れなければいけないのが難しかった」と語る宮田だが、声優初挑戦とは思えない程の迫真の演技に、監督やプロデューサーといったスタッフ陣も太鼓判。
演じた役どころについては、「ベムの親友で会社の同僚なんですけれども、僕が演じてきた中で一番軽薄だと言ってもいいぐらいに軽薄で、しかも実はある秘密が……というキャラクターです。かなり『むかつく』けど作品のキーになるキャラで、きっと皆様の感情を大きく揺さぶると思います」と紹介した。

©ADK EM/劇場版 BEM 製作委員会

公式サイト:https://newbem.jp/2020_mv/

宮田俊哉 コメント

アニメが大好きで挑戦してみたい気持ちはずっとあったので、今回オファーを頂いてすごく嬉しかったのですが、大好きなだけに同時にプレッシャーも大きかったです。収録日前にはアフレコの見学をさせていただき、その時にはガヤの収録にも参加させていただいたりして、できる限りの準備はしました。でも、実際に演じてみると、ドラマとか舞台でのお芝居とは違って、キャラクターの些細な体の動きにも全部アドリブを入れなければいけないのが難しかったです。僕が演じるバージェスは、ベムの親友で会社の同僚なんですけれども、僕が演じてきた中で一番軽薄だと言ってもいいぐらいに軽薄で、しかも実はある秘密が……というキャラクターです。かなり「むかつく」けど作品のキーになるキャラで、きっと皆様の感情を大きく揺さぶると思います。初めて声優に挑戦させていただいて、最初は右も左もわからなかったのですが、いろいろな方からアドバイスを頂いてちゃんと形になったと思います。その成果をぜひ劇場で確認していただけたら嬉しいです。

この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事