掛橋沙耶香出演「ジブンに挑戦する人」篇

乃木坂46・4期生の掛橋沙耶香が初CM ストイックなボクシング姿を披露

岡山県出身の乃木坂46・掛橋沙耶香が、7月10日(金)より岡山・香川の両県で放映されるSUENAGAグループの新TV-CM「ジブンに挑戦する人」篇に出演することがわかった。4期生の掛橋がCMに出演するのはこれが初めて。


SUENAGAグループは岡山県内を中心に物流関係2社、トヨタ事業5社を展開。今回のCM出演に掛橋は「CMに出させていただいたことが無かったのと、岡山県⺠なら誰しもが知っているような有名なSUENAGAグループさんのCMということですごくびっくりしました。うれしかったです」と喜びを語った。

CMのコンセプトは“ジブンに挑戦する人”。薄暗い光の中、清楚な衣装を着た掛橋が前方に向かって歩みを進めるシーンからスタート。服を脱ぎ捨てスポーツウェアへと着替えた掛橋がグローブをかまえ、次々と鋭いパンチを繰り出す。いつもの愛らしい雰囲気の彼女とは一味違う、ストイックにサンドバッグを打つ姿や、挑戦的な眼差しでカメラに向かって拳を突き出すシーンが見どころとなっている。

CM撮影にあたり、掛橋は初めてボクシングに挑戦。空手経験者ということもあり、ボクシング指導者からのレクチャーの飲み込みが早く、高速連続パンチや受け身の構えなどを瞬時に取り入れ、撮影はスムーズに進行。ワイルドでアグレッシブなボクサー姿が様になっているが、公開されたメイキング映像には、撮影の合間にサンドバッグに抱きつく様子など、いつもの彼女らしい姿も収められている。

撮影後のインタビューでは、「今ストイックに打ち込んでいるものや、はまっていることは?」という質問に、「今はギターの練習にはまっていて中学生の頃から習ってるんですけど、今は習いに行けてないので家で一人で練習しています」と明かした。


この記事のURLとタイトルをコピーする

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事