SUPER☆GiRLS(スパガ)、遂に武道館へ挑戦!

11人組アイドルグループ「SUPER☆GiRLS(以下、スパガ)」が、グループ結成日の前日である6月11日に初の日本武道館ライブを実施することがわかった。


これはスパガが1月5日(土)に代々木公園野外ステージにて行った無料イベントでファンに向けて発表したもの。日本武道館はスパガにとって過去最大規模のライブ会場であり、活動2年目の最後の日に最大の挑戦をすることになった。

また、スパガはこの日より「音楽でつながろう!」をテーマに“Music Ribbonキャンペーン”を開催することもあわせて発表した。
本キャンペーンはスパガが自分たちの音楽を届けるため、そしていつも自分たちを励ましてくれる音楽を共感してもらうために全国の様々な場所に行き、フリーイベントを開催するというものである。
1月18日(金)の北海道・札幌ファクトリーアトリウムを皮切りに全国11都市を回る。中でも京都府と広島県は自身初の遠征となる。
各会場枚数限定で新曲「Celebration」のアレンジ違いの「Celebration~Music Ribbon ver.~」が1曲収録されたCDを無料配布される。また、イベントに行けない人向けに同楽曲をインターネットで無料ダウンロードも出来るとのこと。
新曲「Celebration」は音楽プロデューサーの小室哲哉が作詞作曲を務めており、小室に楽曲を提供してもらうのはスパガとして2曲目。1曲目はデビューアルバムに収録されている「Be with you」であり、実に2年半ぶりの楽曲提供となった。

イベント当日は朝から長蛇の列となり、最終的に約5000人もの人が人気急上昇中のスパガのイベントを見に駆けつけた。
冒頭には新年初イベントということもあり、「2013年もスパガと一緒に駆け抜けていきましょう。」と勝田梨乃(18)が語るなど、ファンに向けて一人ずつ挨拶をした。
スパガ以外に同じレーベルの妹分であるCheeky Parade(チィキィパレード)、GEM(ジェム)も登場し、スパガの2月20日発売のアルバムタイトル曲となっている新曲「Celebration」や「赤い情熱」を含め3組で計7曲を熱唱。華やかなステージに集まったファンは寒さを忘れて熱狂した。

2013年の活動について前島亜美(15)は「今年は勝負の年になります。」とコメントし、武道館ライブについてリーダーの八坂沙織(23)は「今年の目標は武道館に向かって全力全開で行きたい。」と力強く語った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top