シリーズ累計発行部数120万部の人気ホラーコミック「絶叫学級」が実写映画化!

少女まんが雑誌「りぼん」で連載中の神ホラーコミック『絶叫学級』が川口春奈の主演で実写映画化することが決定した。


絶叫学級は、2008年りぼん10月号より連載開始。現在まで、コミックス12巻まで刊行。シリーズ累計120万部(※みらい文庫・リミックス含む)の大ヒットホラー。これまで、「おはスタ」(テレビ東京系列 毎週(月)〜(金)あさ6:45〜)での2度のアニメ化や、AKB48メンバー出演によるVOMICなど、各種メディア化もされている。
人間の心の中に潜む“ちょっとした悪”をあぶり出し、読者にまざまざと提示するストーリーが高い評価を受けている。

主演の川口春奈は「ホラー要素ももちろんありますが、ファンタジーでもあり、もしかしたら幽霊よりも怖い人間の心が観れる作品だと思います。ただ怖いだけじゃなく、人として感じることが詰まっているので是非感じとってもらえたら嬉しいです。この作品に出逢えたことで自分も成長出来たらなと思っています」と意気込みを語った。
作品には川口のほか、広瀬アリス、松岡茉優、波瑠、山本美月らが出演する。

【あらすじ】
映画は原作の第3巻「黄泉の真実」と第8巻「人間ランク」を柱に物語を構成。中高一貫教育の私立女子校に通う加奈(川口春奈)は、小学校では明るい性格でクラスのアイドルだったが、今では成績も運動神経も家柄も平均的で、良くも悪くも目立たない普通の子というのが定位置になっていた。
ある日、友達の絵莉花(松岡茉優)から学校に伝わる都市伝説を聞く。12年前の事故で亡くなった女の子が黄泉(山本美月)となって旧校舎に出るらしい。黄泉に願い事をすると何でも叶うが引き換えに大事なものを失うという。「じゃあ、誰よりも可愛くなりたい!」加奈は憧れの学校の人気者リオ(広瀬アリス)に思いをはせるのだった。
ある日、軽い気持ちで読者モデルを引き受けたことをきっかけに、リオたちに目をつけられ最低ランクに転落する加奈。なんとか今の状況を変えるため黄泉に願い事をすると、翌日からリオたちに仲間入りしている加奈。しかし、その代償として絵莉花がいじめの対象になってしまう・・・。

【製作概要】
題名:絶叫学級
製作:リバプール、集英社、東宝
制作:リアルプロダクツ
配給:東宝映像事業部
公開時期:2013年初夏
【スタッフ】
原作:いしかわえみ「絶叫学級」(集英社「りぼん」連載)
監督:佐藤徹也(オフィスクレッシェンド)
脚本:三浦有為子(「明日の記憶」日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞)
撮影:芦澤明子(「贖罪」「わが母の記」)
プロデューサー:長澤佳也
【キャスト】
荒木加奈 役:川口春奈
高見沢リオ 役:広瀬アリス
香取絵莉花 役:松岡茉優
保坂まこと 役:波瑠
黄泉 役:山本美月



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top