SKE48、シングル7作連続1位獲得で歴代3位に

AKB48の姉妹グループ・SKE48の11作目のシングル「チョコの奴隷」が発売初週で53.9万枚を売り上げ、2/11付オリコン週間シングルランキング(集計期間:1/28~2/3)で初登場首位を獲得した。

SKE48のシングル首位は、「バンザイVenus」(昨年3月発売)から7作連続(通算7作目)。女性グループとしては、これまで6作連続で並んでいたおニャン子クラブを上回り、AKB48(16作連続)、ピンク・レディー(9作連続)に続く歴代単独3位となった。また、初週売上はSPEED、モーニング娘。、AKB48に次ぐ女性グループ史上4組目の初週50万超えとなった前作「キスだって左利き」(昨年9月発売)の51.1万枚をさらに上回る53.9万枚を記録。

この記録に松井珠理奈は「デビュー以来最高の初週売上を記録して、とても嬉しいです。これも、ファンの皆さんの応援があっての記録です。本当にありがとうございます。今まで連続で1位を取られているアーティストさんは誰もが知っている方々ばかりなので光栄です。もっともっとSKE48の魅力を知ってもらいたいので、これからも頑張っていきます。」とコメントしている。

表題曲「チョコの奴隷」は好きな女の子のチョコの行方を気にする男心を歌ったバレンタインソング。カップリング曲として小木曽汐莉(20)、桑原みずき(20)ら今春の卒業メンバー9人からなる“旅立ち卒業組”による卒業ソング「それを青春と呼ぶ日」も収録されている。昨年の紅白歌合戦への単独出演、4月には単独の日本武道館公演も決定して勢いに乗るSKE48から2013年も目が離せない!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top