古内東子 20周年記念LIVEに平井堅がサプライズ出演!

2013年2月7日(木)、BLUE NOTE TOKYOにて古内東子のデビュー20周年を記念するLIVEが開催された。


古内は大胆な程に胸があいたオレンジの鮮やかなシフォンドレスを身に纏い登場。自身最大のヒット曲「誰より好きなのに」を歌唱すると、観客の中には目に涙を浮かべる者もちらほら。
1993年2月21日に「はやくいそいで」でデビューして以来、人生の半分をアーティストとして過ごしてきた古内東子。そんな彼女がアニバーサリーイヤーのスタートとして、自身初となるBlue Note TokyoでのLIVEを選んだ。

そして会場には歌手の平井堅が大輪の花束を携えて古内東子の20周年を祝いにサプライズ出演。2月20日にリリースを控える古内東子ベストアルバム「and then…~20th anniversary BEST~」で二人がコラボレーションした「さよならレストラン feat.平井堅」がこの場で初めて披露された。

二人が今作でコラボレーションしたいきさつ、そして楽曲への思いを古内本人はこう語っている。
「二十周年の記念アルバムということで気が大きくなり、図々しくもシンガーソングライターとして敬愛するお二人にお願いをしてみた、という次第です(今アルバムでは平井堅以外に槇原敬之ともコラボ)。そして、『さよならレストラン』という曲はデビュー間もない頃から友人である堅さんとだからこそ共有できる、いろんな想いや思い出があると感じています。いまの二人でしか歌えない曲が出来上がったと思っています」

アルバムに収録されている夢のようなコラボレーションを発売前に生で聞けるという、BLUE NOTE TOKYOに来ている観客にはこれ以上ない嬉しいサプライズとなった。

前述の通り、古内東子は2月20日にベストアルバム「and then…~20th anniversary BEST~」を発売する。
今作は古内の20年の音楽の集大成であり、新たなチャレンジとして平井堅、槇原敬之といった豪華大物アーティストともコラボレーションしている。

20年間を振り返って、古内は「デビューシングル発売日、そっとレコード屋さんを覗きに行って、当時は縦長だった自分のシングルCDがちゃんとあるかどうか、ドキドキしながら確かめたのを思い出します。あれから20年。もう人生のちょうど半分シンガーソングライターでいるのだと思うと、自分でもちょっと驚きます。心の声に耳を傾けて、曲を作って、それを様々な音で膨らませて、たくさんの人に聴いてもらう。そのキラキラしたプロセスの喜びは、デビューしてからずっと色褪せません。恋する気持ちや、大事な人を想う気持ちに寄り添える歌を、これからも歌い続けていきたいです、ひとつひとつの出会いを精いっぱい大切にしながら。20年間の感謝を込めて。。。」とコメント。

また、平井堅は「僕がデビューした’95年、同じレーベルに古内東子と言う素晴らしいシンガーソングライターがいました。彼女の紡ぐ言葉やメロディに憧れて、彼女の背中を追いかけてがむしゃらに歌っていたあの頃が僕の礎になっています。友人として、同志として、これからも刺激し合える関係でいたいです。20周年おめでとう!!」と祝福した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top