DEENの20周年記念ベスト収録の新曲で、女子レスリング吉田沙保里選手がMV初出演!

2013年3月10日にデビュー20周年をむかえ、3月13日には20周年記念ベストアルバム『DEENAGE MEMORY(ディーンネイジ・メモリー)』を発売するDEEN。


デビュー曲「このまま君だけを奪い去りたい」等20年間の全シングルの他、新曲やコラボ曲等20年分の代表曲を完全網羅したDEEN史上究極・初のオールタイムベストアルバムとなっている。

今回このベストアルバムに収録される新曲『言葉で伝えたくて』のミュージックビデオに女子レスリングオリンピック3大会連続金メダリスト吉田沙保里選手が出演することがわかった。吉田沙保里選手にとって初のMusic Video出演。
この新曲『言葉で伝えたくて』は、NTT東日本 電報CMソングとして昨秋大量OAされ、問い合わせが殺到した楽曲。今回のベストアルバムに初CD化される話題曲である。
オリンピックの活躍に感動したDEENヴォーカル池森秀一が、是非その想いを“言葉で伝えたい”と吉田選手にオファー。以前からDEENの音楽に触れていたという吉田選手も快諾し今回の出演が決定した。

同曲は“どんなに近くにいても、どんなに離れていても<言葉>で伝えたい想いがある”とうメッセージを綴ったラヴソングで、DEENのメンバーもそれぞれの20周年の感謝の想いをMusic Videoの中で綴っている。
吉田選手もこのMusic Videoの中で“言葉で伝えたい”メッセージを綴っており、その想いを画面を通して国民の皆さんに伝えるというシーンで演技に初挑戦している。撮影中には「女優さんってたいへん!」と笑顔で話すなどリラックスムード。
ヴォーカル池森秀一と吉田選手共に“初めてあった気がしない”と話し、撮影は終始和やかに進行した。

撮影を終えて吉田選手は「すごく楽しかった!初めての経験が出来てとてもうれしいです。やるからには何でも徹底的にやりたいので、監督のオーダーにも全力で応えました」との感想。又、今回の楽曲『言葉で伝えたくて』に対しては「すーっと体に入ってきて癒される。凄く覚えやすいので、是非皆さんにも歌って欲しい」と話していた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top