m.o.v.e、解散ライブ開催  解散を惜しむファン1500人が涙

音楽ユニット「m.o.v.e」が16日(土)、東京・赤坂BLITZにて解散ライブ「m.o.v.e The Last Show ~Champagne Fight~」を実施した。


m.o.v.eはエイベックス所属の初期アーティストとして、1990年代の音楽業界を盛り上げ、人気漫画「頭文字 D」のアニメの主題歌を多数担当。昨年12月8日に自身のホームページにて解散することを発表し、本ライブが15年間の活動の最後となる。

解散を惜しむ約1500人のファンの前で、2月27日に発売されたばかりの最後のベストアルバム「Best moves. ~and move goes on~」にも収録された代表曲「Gamble Rumble」、「DOGFIGHT」やm.o.v.eとして最後のレコーディング楽曲である「夕愁想花」など、アンコールを含め全27曲を披露した。

MCではボーカルのyuriが「15年前にデビューした時、私の人生が変わりました。今日最高の景色を見ることが出来て本当に幸せです。辛いこともたくさんあったけど、応援してくれた人達のたくさんの愛情に15年間支えられてきました。最後のライブをこんなにたくさんの人達の前でやれて本当に幸せです。ありがとうございました。これからも皆は変わらず私の勇気です。皆大好きです。」とファンに向けて感謝のコメント。
ラップ担当のmotsuは「これまで色んな景色を見てきましたが、今日の景色(ライブ風景)が一番最高でした。本当にありがとうございました」とファンに向けて感謝の言葉を告げた。

ライブの最後にはライブのタイトルにあわせて、メンバーがシャンパンを片手に「15年間ありがとうございました。乾杯」と締めくくった。

なお、本ライブはライブDVD「THE LAST SHOW -CHAMPAGNE FIGHT-」として6月5日(水)に発売される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top