溝端淳平 究極の二択(?)に「家庭的じゃなくてもいいので美しい女性」 – WOWOWドラマ「ソドムの林檎」制作発表会見

WOWOW連続ドラマW「ソドムの林檎〜ロトを殺した娘たち」の制作発表記者会見が19日、都内で行われ、出演する寺島しのぶ、木村文乃、溝端淳平らが出席した。

外見の美しさゆえに偽りの愛を受け、それを憎んで自らの顔を醜く整形した女性・恵を寺島しのぶが、対照的に、醜さゆえに愛されないと思い、美しい顔へと変貌した女性・万里を木村文乃が演じる。
複数の男性を結婚詐欺の果てに殺害した容疑で逮捕された恵。裁判を傍聴するたびに恵にのめり込み、翻弄されていく万里。そんな万里とともに恵にのめり込んでいくスポーツ紙の記者を溝端淳平が熱演。

会見にはほかに、恵の整形前の姿を演じる石橋杏奈とその幼馴染役の野村周平、脚本家の荒井晴彦、廣木隆一監督が出席した。

主演の寺島は「こういう役を引き受ける女優さんはあんまりいないんじゃないかなと思っています」と苦笑いしつつ、「廣木監督と荒井さんとは『ヴァイブレータ』『やわらかい生活』以来3本目で、再会して一緒に仕事をさせていただくのはとても嬉しかったし、すごくエキサイティングな時間でした」とコメント。
「最初にお話をいただいた時は私で大丈夫なのか不安だった」という木村文乃は「現場に入ってみたら、いいものを作るために集まっている皆さんがいて、わたしも必死でやって、みんなの気持ちが一緒だったら絶対いいものになっていくんだなっていうのを肌で感じながら撮影していった」と振り返った。

溝端淳平は1話を見た感想として「一人の男としていうなら、本当に目を塞ぎたくなるような女性の闇というか、こういう女性がもし世の中の女性のほとんどだとしたら俺はもう恋愛したくねえなって思うくらい」と漏らす一幕も。

また、「美しいが家庭的ではない女性と美しくないが家庭的な女性、どちらに惹かれるか」という報道陣の質問に、溝端は「え〜、両方がいいなあ」と困惑。隣の野村が先に「僕は美しくなくても家庭的であれば大丈夫です」と答えると、溝端は「でも僕は家庭的さはあまり求めないので、自由奔放に生きている女性のほうがいい。尽くしてくれて家庭的な感じを出されると裏があるんじゃないかと怖くなっちゃう」と語り、最終的に「僕は家庭的じゃなくてもいいので美しい女性で」と言い切った。

ドラマは3月23日(水)22時から第1話を無料放送。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top