しょこたん “オセロ大使”に就任も小学生に惨敗

タレントの中川翔子が26日、都内で行われた「オセロ大使任命式」に出席。

ロングセラー玩具「オセロ」が発売40周年を迎えるにあたり、初の「オセロ大使」に任命された。

オセロ部をイメージさせるポップなジャージ姿で登場した中川は、「小さい頃からオセロはたくさんやっていて、特に一緒にやった、天国のおばあちゃんが喜んでくれていると思う。そう思うと本当に嬉しい」と、今回の大使任命に喜びのコメント。「オセロ大使はとてもやりがいがあるし、責任重大だと思っています。人と人が直接つながって、頭脳と頭脳をぶつけ合える、とてもクールなゲームだと思います。これからどんどん、『貪欲にオセロやろうぜ!』と言いまくっていきたいですね!」と、オセロ大使としての意気込みを語った。

しかし、その後登場したオセロキッズの1人と対戦すると見事に惨敗。実は対戦した村上耕介くん(小学5年生)は、「オセロワールドカップ ミニオセロ部門」で8位に入賞した実力者。中川は「(オセロの石を)置きたいところに置けない・・・」と嘆いたり、3回もパスをするはめになったりと、相手の思うままにゲームは進み、32対4という大差をつけられて敗北した。

最後に「ゲームは、初めて会う人同士でも一瞬で仲良くなれる素敵なコミュニケーションツール。オセロは特に、年齢、性別何も関係なく、どんな間柄でもできるゲームだから、これからもっとたくさんの人がオセロを通じてつながって欲しい。」と、オセロ大使としての思いを語った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top