佐藤健主演映画「カノ嘘」で三浦翔平らがイケメンバンド結成

2013年12月公開予定の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の重要なキャラクターである人気バンド「CRUDE PLAY」(クリュードプレイ)のメンバー役に俳優の三浦翔平ら
若手俳優陣が決定した。


原作では、その端正なルックスとキャッチーな楽曲で、CDをリリースすれば必ずチャート1位に輝くモンスターバンドとして描かれている「CRUDE PLAY」、通称“クリプレ”。
バンドのリーダーでボーカル&ギターの坂口 瞬役を人気若手俳優・三浦翔平が務め、劇中では実際にボーカルとギター演奏を披露するほか、佐藤健演じる主人公・秋の親友という設定でもあり、実際にプライベートでも親交の深い佐藤との共演も注目のポイントとなっている。
その他、クールなベース担当の篠原心也役に窪田正孝、バンドのムードメーカーでギターの大野 薫役に水田航生、男気あふれるドラムの矢崎哲平役に浅香航大と、若手イケメン俳優陣が集結した。

彼らが実際に劇中で演奏する楽曲は、本作の音楽プロデューサー、元「東京事変」のベーシストで、椎名林檎やスピッツ、平井堅等の多くの楽曲を手掛ける亀田誠治が制作。今後は音源リリースも検討されており、瞬役の三浦も「『CRUDE PLAY』として、CDデビュー、紅白出場、海外進出もしてみたい!」と撮影や今後のプロモーションに向けて意欲満点。キャスト陣は各自ボイストレーニングや楽器の練習に励んでいる。

三浦翔平(坂口瞬役)コメント
秋役の佐藤健くんから「『カノ嘘』って漫画に出てくる瞬役が翔平にぴったりなんだよ」と言われていたのを覚えていて、実際にオファーがあった時は、何かの縁かなと思いました。原作での瞬はキャラクターが立っているので、原作ファンの方に「イメージと違う」と言われないように、また原作を知らない方も好きになるようなキャラにしたいと思います。実際にも仲の良い佐藤くん演じる秋と幼馴染という設定なので、2人ならではの空気感を出せればと思っています。
人気バンドのボーカル役なので、プレッシャーもあり、音楽プロデューサーの亀田誠治さんからは「音楽性を高めたい」と言われているので、ボイトレや楽器練習もがんばっています。“クリプレ”としては、CDデビュー、紅白出場、海外進出も目指していきたいと思っています。公開近くにはライブもきっとできると思いますので、楽器練習をがんばります!

佐藤健(小笠原秋役)コメント
(「CRUDE PLAY」メンバーに関して)
初めて「CRUDE PLAY」メンバーが揃ったのを見たときには、「めちゃめちゃカッコよくて、ズルイ!」と思いました。初めましての方もいらっしゃいますが、実際にお芝居をしてみると、息がばっちり合って良かったです。
(瞬役の三浦翔平に関して)原作の漫画を読んだ時から瞬役は絶対、翔平だ!と思っていて。漫画を読んだ当時、本人に「絶対、翔平だと思うんだよね」と言っていました。それが実現したのは、本当にご縁だと思うしすごく嬉しいです。実際に現場で芝居をしてみると、まさに“瞬”でした。
(心也役の窪田正孝に関して) 以前「るろうに剣心」で共演したときから、もっと一緒に芝居がしたいと思っていたので、今回とても嬉しいです。“心也”はとても重要な役柄なので、これから窪田くんとどんな芝居ができるのか楽しみです。

音楽業界を舞台に、23歳の天才作曲家・小笠原 秋(佐藤健)と、普通の女子高校生から、突如スターへの階段を駆け上がる天性の歌声を持つ16歳の女子高生・小枝理子(大原櫻子)との年の差恋を描く本作は、3月17日より都内でクランクインし、現在快調に撮影中。

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』

監督:小泉徳宏(『タイヨウのうた』『ガチボーイ』『Flowers』)
脚本:吉田智子
音楽プロデューサー:亀田誠治
原作:「カノジョは嘘を愛しすぎてる」
撮影:2013年3月17日~5月中旬予定
公開:2013年12月 全国東宝系



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top