JUJU、唐沢寿明主演『TAKE FIVE』にジャズシンガー役で連ドラ初出演

歌手のJUJUが4月19日(金)夜10時よりスタートされるTBS金曜ドラマ『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜』で連続ドラマに初出演する事がわかった。


JUJUは、ミステリアスなジャズシンガー役として登場し、ドラマタイトルにもなっているジャズのスタンダード曲「Take Five」を劇中歌として歌唱披露する。

このドラマは、悪い奴らから大金をせしめる風変わりなポリシーを持ったちょっと憎めない泥棒団「TAKE FIVE」が繰り広げる痛快エンターテインメント。
唐沢寿明・松雪泰子・松坂桃李・倍賞美津子・稲垣吾郎といった、豪華役者陣の共演が話題を呼んでいる。

JUJUは、唐沢寿明演じる“正義”の行きつけで、「TAKE FIVE」のメンバーたちが作戦会議を行うため集う場所でもあるジャズバー「スウィングタイム」にて、ジャズシンガーとしてステージで客に歌を披露している。歌唱力もさることながら、素性や私生活が謎めいているミステリアスな存在として、客たちを惹きつける魅力となっており、“正義”と何らかの関係を持つ女性と思われているふしもある。その正体は、回を追うごとに明らかになっていく――。

この度撮影に挑んだJUJUは、「皆さんの演技のスイッチの入った瞬間の空気の変わり方がすごい」とドラマ現場の雰囲気を肌で味わいながら、自身も熱演。
「今もツアー中なんですが、ライブの本番よりも一番緊張しました。ジャズシンガー役だからできたのかも(笑)本当に貴重な機会を頂きました。」と初めての撮影を楽しんでいた様子。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top