Dream5、念願の初ワンマンライブでファンに感謝

Dream5「根こそぎいただきLIVE『第1話~4年目だけど初ワンマン!?COME ON!~』が、4月4日(木),5日(金)Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて行われた。

サブタイトル通り結成4年目を迎えるDream5、初のワンマンLIVE。追加公演も先行予約開始1時間で会場キャパシティをはるかに上回るほど申込があり、プレミアとなった公演は2日間で700人を動員した。

ルミカライトの光が会場を埋めつくす中、メンバーが一人一人がスポットライト浴びポーズを決めて登場。1曲目の「EZ DO DANCE」から、Vo.重本ことりが「皆さん!ようこそ!最後まで盛り上がっていきましょう!COME ON!」と煽り、アキレス『瞬足』のタイアップ曲である「COME ON!」「READY GO!!」とハイスピードな楽曲で勢いを加速。

MCでは重本が「初めてLIVEに来た方!?いらっしゃいますかー!」と呼びかけ、会場に集まった彼女たちを支えてくれたファンに向かってメンバー1人1人が想い想いの言葉を伝えた。

「たまごっち」のテーマソングメドレーに続き、ドリゴのイベントでは恒例の大原優乃扮するゴージャスミツコ(自称探偵)による紹介から、日々美思がソロで「ねーえ?」(松浦亜弥)を歌唱。
大原優乃、玉川桃奈、高野洸のダンサーメンバーでの6分間のダンスパフォーマンス、そして重本のソロコーナーでは以前番組で共演し、本人からコツを伝授された「Promise」(広瀬香美)を熱唱し、抜群の歌唱力を発揮。メンバーも思わず彼女のビブラートに「かっこよかったよ~!」とうっとりしていた。

そして、5/15に10枚目のシングルとなるイトーヨーカドー「Dancin good day」「DIRTY WOLF」のTVCMソング「Hop!Step!ダンス↑↑」から、デビュー曲「I don’t obay ~僕らのプライド~」へ。重本の「みんなでシェキメキ!しよう!」というかけ声で本編最後の曲「シェキメキ!」で会場のテンションは最高潮に達していた。

「ドリゴ!」コールが鳴り響く会場に、メンバーが白いシャツを着替え再びステージへ。アキレス「瞬足」を履いたメンバーが軽快なダンスを披露。まだまだ元気で踊り足りなさそうなメンバーは、TRFカバー曲「CRAZY GONNA CRAZY」で再び踊り始める。
メンバーがファンへの感謝の気持ちを込めて歌い上げた「ありがとう~君に届けたいMelody~」はこれからも全力で進み続ける決意と、今日のこのワンマンLIVEで出会えたお客さんに「ありがとう」を伝えていた。
夏の始まりにまた会えることを願い、アンコール最後の曲「僕らのナツ!!」で初めてのワンマンLIVEを終えた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top