品川ヒロシが映像化した中島美嘉の新曲MVが解禁

品川ヒロシが監督を務めた5月22日発売の中島美嘉のニューシングル「愛詞(あいことば)」のMVが公開された。



今回のタッグは、2014年公開予定の品川ヒロシ監督作品映画「サンブンノイチ」に中島美嘉が出演したことをきっかけに実現した。

ミュージックビデオを撮影したのは、まだまだ寒さの残る3月下旬。
「美嘉ちゃん、濡らしてごめんね」と声をかけながらも、雨の中、中島を歩かせたり、ときには高温花火が降る中でも「瞬き禁止!」と的確に厳しい指示を飛ばす品川監督。それに対して中島も「えーっ!出来るかなー!」と驚きながらも、しっかりとリクエストに応えて撮影をこなした。

今回の撮影には、MV撮影での使用が世界初となる、フル4K (4096×2160ピクセル) 解像度で秒間最大900コマのスーパースロー撮影が可能な高速度カメラを使用。雨のしずくや花火の火の粉がドラマチックに表現されており、展開感のあるサウンドを助長している。
品川監督曰く、「カメラワークも然ることながら、リップシーンのパフォーマンスが凄すぎで、予定とは別のシーンもカットしました。」とのこと。

・中島美嘉オフィシャルHP http://www.mikanakashima.com/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top