TRF20周年に小室哲哉サプライズ登場

TRFが、4月20日(土)にデビュー20周年を記念したアニバーサリーツアー『TRF 20TH Anniversary Tour supported by“exabody”』のツアー最終公演をZepp DiverCityにて行った。


今回のツアーは約5年振りの全国ツアーとなり、全国5地域6公演で約14,000人を動員。記念すべき20周年を彩るツアーに相応しく、1994年にリリースした「survival dAnce ~no no cry more~」などのミリオンセラー楽曲から最新アルバム楽曲まで、トータルセールスが2,200万枚以上となるファン必見のセットリストとなっており、1曲目に披露された新曲「PUSH YOUR BACK」から最後まで会場のボルテージは最高潮。

当日はデビュー当時からプロデューサーとして活動をしてきた小室哲哉が会場に駆けつけ、20周年のお祝いとしてサプライズで登壇し、TRFのメンバーに花束を手渡した。
20周年を迎えたTRFに対し、小室哲哉は「モチベーションという言葉を日本で初めて使ったのはTRF。そのモチベーションを20年間保ち続け、歌い続けてくれた5人に感謝しています」と20年間の想いを込めあたたかい言葉を送った。
これに対しTRFのメンバーYU-KIも「ありがとうございます」と涙ながらに応え、共に日本の音楽シーンで歩んだ20年と噛み締めた。

TRFは先日2月25日にデビュー20周年を向かえ、メモリアルイヤーを記念して、2012年11月にデビューから現在までリリースしたすべてのシングル楽曲を収録したベストアルバム「TRF 20TH Anniversary COMPLETE SINGLE BEST」を皮切りに、約16年振りとなる小室哲哉氏が全曲プロデュースを行ったオリジナルミニアルバム「WATCH THE MUSIC」や浜崎あゆみ・倖田來未・ケツメイシなど豪華アーティストが参加したトリビュートアルバム「TRF TRIBUTE ALBUM BEST」など、アルバム5タイトルを5ヶ月に渡りリリースするなど精力的に活動をしている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top