G-DRAGON、海外アーティスト初の4大ドームツアーにファン熱狂

4月6日(土)の福岡・ヤフオク!ドーム公演より、全4都市8公演のワールドツアー日本公演「G-DRAGON 2013 WORLD TOUR ~ONE OF A KIND~ IN JAPAN DOME SPECIAL」をスタートさせたBIGBANGのリーダー・G-DRAGONが、4月20日(土)・21日(日)に西武ドーム公演2daysを行い、2日間で計8万人のファンを熱狂させた。

本ツアーは韓国で昨年9月に発売されたミニアルバム『ONE OF A KIND』を引っ提げてのG-DRAGONソロとして初のワールドツアー。韓国と日本を含め8ヶ国13都市26回公演で合計55万人の動員を予定している。
日本公演はワールドツアーの中でも最大規模、海外アーティストとして史上初の4大ドームツアー(西武ドーム・京セラドーム大阪・ナゴヤドーム・福岡 ヤフオク!ドーム)開催となっている。

今回のワールドツアーのクリエイティブディレクターには、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」ツアーの振り付けと助演出を担当していたトラヴィス・ペイン(Travis Payne)と、当時一緒に振り付けを担当していたステイシー・ウォーカー(Stacy Walker)の二人を迎え、舞台デザインも同じくマイケル・ジャクソン「THIS IS IT」ツアーのデザイナーであるマイケル・コットン(Michael Cotten)が担当するなど、ワールドクラスのスタッフが集結。

西武ドームが半屋外ということもあり、当日はあいにくの天候で肌寒い気温であったにもかかわらず、オープニングからフルスロットル、貫禄たっぷりのパフォーマンスで会場のボルテージはスタートから最高潮に。
先日“LINE”にて公開された最新楽曲「ミチGO」を皮切りに、「HEARTBREAKER」「ONE OF A KIND」「THAT ××」「CRAYON」などソロでのヒット曲からBIGBANG楽曲「FANTASTIC BABY」を織り交ぜ、そしてスペシャルゲストとして出演したBIGBANGメンバーSOLとの「BAD BOY」共演など、アンコール含む全19曲を披露。
MCでは「ソロとして初めての日本のコンサートで心配もありましたが、(ファンの)皆さんと一緒に楽しむことができてうれしいです。次は僕一人でなく、BIGBANGメンバー全員で皆さんとお会いできたらと思います。8月には(日本で)ソロアルバムを発売する予定なので、これからも応援よろしくお願いします。僕は皆さんを信じています!」とコメントし、2日間で計8万人の会場を魅了した。

上述のG-DRAGON日本ソロデビューアルバムは、8月14日(水)発売で【2CD+DVD+PHOTO BOOK+GOODS】(税込8,800円)、【2CD+DVD】(税込3,990円)、【2CD】(税込2,940円)、【PLAYBUTTON】(税込2,500円)という全4形態でのリリースが予定されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top