難波章浩、BRAHMAN、サンボマスターらによる反原発イベント 7/14開催

Hi-STANDARDの難波章浩が発起人となる、反原発イベント「NO MORE FUCKIN’ NUKES 2013」が7月14日(日)に渋谷AXで開催されることが決定した。


坂本龍一がオーガナイズする「NO NUKES」の意志を受け継ぎ、ロックミュージックを通じて反原発を訴える。

この呼びかけに賛同し、イベントに出演するのは、難波自身のバンドNAMBA69の他、KEN YOKOYAMA、BRAHMAN、SLANG、サンボマスター、ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザン、恒正彦の7バンド。
イベントの収益は「さよなら原発1000万人アクション」の中心である、『「さようなら原発」一千万人署名市民の会』に全額寄付される。

NO MORE FUCKIN’ NUKES 2013 実行委員会からのコメント

東日本大震災、そして福島第一原発事故から約2年が経過しました。坂本龍一氏がオーガナイザーとして行っている「NO NUKES」の意志を受け継ぎ、我々なりに更にロックミュージックを通して社会に「脱原発」という問題提議をしたいと思い、今回の「NO MORE FUCKIN’NUKES 2013」というイベントを開催したいと思います。このイベントが、若い世代の人達にとって、自分の国のエネルギー問題を考えるきっかけになってくれたら嬉しいです。

■NO MORE FUCKIN’ NUKES 2013 オフィシャルWEBサイト
http://www.nomorefuckinnukes.com/

出演アーティスト

※見出しに一部誤りがございました。訂正してお詫び致します。(4/24)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top