岡田准一、『図書館戦争』舞台挨拶で「続編もどげんかせんといかん!」

宮崎県の映画館「宮崎セントラルシネマ」で20日(月)、映画「図書館戦争」の舞台挨拶が行われ、V6の岡田准一と女優の榮倉奈々、佐藤信介監督が登壇した。

宮崎セントラルシネマは、携帯電話を使って全国約300の映画館にあるQRコードを読み取ることで、自分の好きな映画館にポイントを貯め、そのトータルポイントを競うというキャンペーン「図書館戦争 de 映画館戦争キャンペーン」で見事今回の舞台挨拶を勝ち取った映画館。

このキャンペーンを通して作品を盛り上げてくれたお礼を伝えるため、舞台挨拶前には岡田と榮倉が劇場スタッフとなって劇場アナウンスを行い、二人の声が聞こえると、上映前の客席は驚きと興奮に包まれた。
舞台挨拶では、宮崎県のゆるキャラ「みやざき犬」の「ひぃくん」「むぅちゃん」から岡田と栄倉に宮崎の名産品である宮崎牛とマンゴーが手渡され、二人からは「図書隊」のシンボル「図書隊の旗」(劇中使用品)をプレゼント。その場で岡田による「ジャンケン戦争」が行なわれ、見事勝ち残った来場者を岡田が旗で後ろから包み込むようにくるむと、会場では大きな歓声が湧き上がった。

岡田は「宮崎に来られてよかったっちゃわ!皆さんに投票していただいたおかげで、こうして来ることができました。今日は本当にありがとうございます。続編も“どげんかせんといかん”!」と笑いをとりつつ、続編に意欲を見せた。
続けて栄倉も「呼んでくださってありがとうございます。てげ(=すごく)嬉しいです!公開してからもこのような場に立てるとは思いませんでした。たくさんの方に観ていただいているということなので、本当に嬉しいです」と、方言を交えて感謝を述べた。

映画「図書館戦争」は、人気作家・有川浩の代表作でシリーズ累計400万部を超える大人気シリーズを実写化。原作イメージピッタリのキャスト陣が見せる“ツンデレな恋模様”と『GANTZ』の佐藤信介監督が描き出す本格アクションが、GW映画として話題を集め、4月27日(土)の公開から3週間で観客動員数100万人を突破。興行収入13億円となり、現在も好調にヒットを続けている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top