インテル・長友佑都がほっこりアニメに「カッサーノにもでてほしい」

日本を代表するサッカー選手・長友佑都選手が監修し、自身もキャラクターとして登場するショートアニメーション「ゆうとくんがいく」が6月14日(金)から「ディズニーXD」チャンネルで放送される。


「ゆうとくんがいく」は、世界のトップを走り続ける「長友魂」を分かりやすく、多くの人に伝えるために制作されたショートアニメーションで、1話1分、全26話で構成される。
物語は、幼稚園でサッカーと出会い、青春時代を経て、代表チーム「ポジティブ ジャパン」での活躍までを描いており、長友選手のサッカー人生を想起させる内容となっている。

自身がアニメーションになることについて、長友選手は「率直に嬉しいですね!アニメーションを見た子どもたちが、サッカーを始めたり、自分の夢を見つけてくれたら」とコメント。
番組では毎回最後に格言が紹介されるが、自身の好きな格言や名言については「努力に勝る天才なし」「意思あるところに道あり」という言葉を大切にしているとのこと。
また、番組へのゲスト出演をお願いするなら「日本代表のチームメイトの香川選手や本田選手にも出て欲しいですが、一番はインテルのチームメイトでイタリア代表のカッサーノ選手ですね。普段からすごく仲が良くて、いつも練習場やロッカールームで馬鹿なことをしているのですが、そのようなシーンは当たり前だけど外には出ないじゃないですか。アニメーションを通して伝えられたら面白いですね」と語った。

ショートアニメーション「ゆうとくんがいく」は、6月14日(金)から毎週金曜17:55~18:00に放送される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top