大塚 愛、デビュー10周年に“感謝祭”「LOVE IS BORN」開催

昨年、2年ぶりとなるライブ「大塚 愛 LOVE IS BORN ~9th Anniversary 2012~」を開催し、各地のファンと感動の再会を果たした大塚 愛が、デビュー10周年となる今年も「LOVE IS BORN」を開催する。

「LOVE IS BORN」は、大塚 愛の誕生日&デビュー日のある9月に開催されている恒例ワンマンライブで、日比谷野外大音楽堂にて開催された第1回の「[LOVE IS BORN]~3rd Anniversary 2006~」以降、どしゃ降りの中で大暴れしたり、妊娠したことを発表したり、毎回注目を集めているイベント。

大塚は「いわゆる10周年って世間的に大事にされているものだと思うんです。でも私にとっては10より9の方が大事だった。昔から「9」がラッキーナンバーなので。それで『なんで10区切りなの?』って言ったら、『大塚、めんどくさい』と言われ…(笑)。
なので、10周年ということで、感謝祭をやります。家庭が出来て分かったんですけど、家庭の誕生日は自分の誕生日なんだなって。自分のことのように嬉しい。きっと、大塚 愛に付き合ってくれているファンの皆さんも、そういう感覚で私の楽曲を聴いてくれてる。だからみんなでのお祝いみたいな感じにしたい。とりあえず“みんなでお酒でも呑みたいね”的な雰囲気。未成年もいるのでアレですけど(笑)」と、語っている。

また、10年間の活動について「おかずをいっぱい食べたなぁと。とりあえず一通り全部食べた。良いものや『こんな高いもの食べれたんだ!』だけじゃなくて自分に合わないものも食べたし、何も食べれない断食の時期もあったし、でも一通り食べたなって。この10年で。ここからはひとつのジャンルにもいろんな味があるんだよっていうところかなと思っているんだけど、とりあえずオーソドックスないろんな味は全部食べた10年間でした」と振り返っている。

「大塚 愛 LOVE IS BORN 2013 10th. Anniversary」は、9月15日と16日 東京・昭和女子大学 人見記念講堂での公演を皮切りに、愛知・日本特殊陶業市民会館、大阪・オリックス劇場、兵庫・たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール、栃木・那須塩原市黒磯文化会館、埼玉・サンシティホール越谷にて開催される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

Top