JUJU、グッチ×グラミー「日本音楽基金」大使に就任

歌手のJUJUが「グッチ タイムピーシズ&ジュエリー日本音楽基金」のアンバサダー(大使)に就任した。

「グッチ タイムピーシズ&ジュエリー日本音楽基金」は、グッチ タイムピーシズ&ジュエリーと、グラミー賞を主催する全米レコード芸術科学アカデミーとの提携により、才能ある若い音楽家を見出し育成することを目的に設立。基金の設立は、中国・イギリスに続き、世界で3番目となり、1926年に創立の東京高等音楽学院をルーツとし、クラシックからジャズ、そして作曲まで幅広い専攻課程と音楽学習の場を提供する国立音楽大学と提携し、その在学生を支援する。

22日、ビルボードライブ東京にて行われた基金設立発表記者会見に出席したJUJUは、国立音楽大学の生徒と話題のJAZZ楽曲「Take Five」を初披露した。

今回の大使就任についてJUJUは、「ニューヨークに住んでいた頃、現地のジャズマン達を見ていて、彼らの音楽に向き合うストイックさを肌で感じていました。そんなジャズマンを目指す若いミュージシャンに、グッチ タイム&ピーシズとグラミーファンデーションによって、特別な機会が与えられるという、素晴らしいプロジェクトに参加させて頂き、大変光栄に思っております」と喜びのコメント。

また、JUJUが2011年にリリースしJAZZ史上初のオリコンTOP5入りを果たしたJAZZアルバム「DELICIOUS」の第2弾「DELICIOUS 〜JUJU’s JAZZ 2nd Dish〜」を6月26日にリリースすることも決定した。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags ,

関連記事


Top