美嘉×みゆき「愛詞」奇跡のサプライズデュエット実現

歌手の中島美嘉が23日、大阪で開催された「festival hall オープニングシリーズ 中島みゆき 「縁会」 2012〜3 追加公演」にサプライズ出演し、中島みゆきが作詞作曲を手掛けた自身の新曲「愛詞(あいことば)」をデュエットで披露した。



中島みゆきのライブにゲストとして他のアーティストが招かれたのは初めてのこと。

本編終了後、会場のアンコールにこたえ再び中島みゆきが登場。事前のMCもなく「愛詞(あいことば)」のイントロが始まると、楽曲の一番を中島みゆきが歌い、間奏で突然中島美嘉がステージに姿を現した。会場から暖かい歓声を受けながら、そのまま2番を歌い、最後のサビは中島みゆきが中島美嘉の歌にハーモニーを付けるという奇跡のデュエットが実現。中島美嘉が歌い終わると、中島みゆきがギュッと中島美嘉の手を握り、会場を沸かせた。

中島美嘉は、1月30日にリリースした2年振りのニューアルバム「REAL」がオリコンウィークリーチャート1位を獲得。そのアルバムを引っ提げ、サンシティ越谷を皮切りに全国ツアーをスタートしたばかり。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top