NHK広島「いのちのうた2013」に元ちとせ、中孝介、Rakeら

歌手の元ちとせ、中孝介、RakeらがNHK広島放送局の「いのちのうた2013」に出演することが発表された。


2008年にNHK広島放送局開局80年を記念して始まった「いのちのうた」は、平和の象徴の地である広島から、「いのち」や「明日を生きる力」への思いを、多彩なゲストの歌声にのせて届ける、1年に1度の特別番組。

元ちとせは、第1回目の「いのちのうた」で、「いのち」「平和」をテーマに歌詞を募集し寄せられた1904編の中から選ばれた一編の詩に曲をつけ制作された“いのちのうた「空に咲く花」”や反戦歌「死んだ女の子」を歌うなど、番組と縁の深いアーティスト。
中孝介は、“地上でもっとも優しい歌声”と称される歌声で、「花」など数々の人気曲を持ち、第1回目にも出演している。
初出演となるRakeは、「100万回の「I love you」」などのヒット曲で知られる仙台在住の人気シンガーソングライターで、自身も東日本大震災の被災者としての経験を持つ。

司会は、つるの剛士が担当。ほかに、テノール歌手の新垣勉らの出演が発表されている。

なお、5月23日より、番組観覧希望の申し込みが始まっている。
観覧申し込みの詳細は、こちらから。
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0203561/index.html



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top