東京国際ドラマ祭にGENERATIONS登場! メンディーは“オチ”担当!?

TVドラマシリーズの更なる発展を目的とした東京国際ドラマ祭<海外ドラマDAY>が26日、東京・豊洲のユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが登場した。


イベント初出演ということでやや緊張気味の面持ちでステージに上がった7人。最初に「パフォーマーの小森隼です」「ボーカルの数腹龍友です」と1人ずつ自己紹介する場面で、7人目のパフォーマー・関口メンディーが「ボーカルの・・・あ、間違えた」と予想外のミス。メンバー全員から「嘘じゃねえか」と突っ込まれる見事な“七段落ち”で場を和ませた。

海外ドラマが大好きで、今回のイベントで上映された作品も仕事の移動中やリハーサルの合間に見たという7人。
上映作品の『レボリューション』のタイトルにちなんで、自身の運命を変えた瞬間について聞かれた小森隼は「GENERATIONSのメンバーに出会えた時です」と答え、会場から喝采を浴びた。
数原龍友は、『ARROW / アロー』の主人公のキャラクターにちなんで、「メンバーの中で一番セクシーだと思う人は?」という質問に、「やっぱりあの体に負けてないセクシーな体を持ったメンディーくん」と関口の名前を挙げ、「セクシーではないと思いますよ」と謙遜する本人に「いや、セクシーですよ。その分厚い唇とか」と褒めちぎった。
MCから「では今後は七段落ちとセクシー担当ということで」と振られた関口は「すごい重荷を背負いました」と身を硬くしていた。
『ゲーム・オブ・スローンズ』の「スローン(王位・玉座)」にちなんで、一番王様っぽい人を聞かれた佐野玲於が選んだのは「いつも王冠を被ってる」という理由で、ボックスヘアの関口。「これからは七段落ち、セクシーな、王様ということで」とトークをまとめた佐野に会場からは拍手が沸き起こった。

トークの最後には、白濱亜嵐が「僕ら7人、すごく海外ドラマが好きで、このステージに立てることに幸せを感じています」と挨拶し、「僕自身も英語を勉強して海外ドラマ出演という夢を、いつか叶えたいと思います」と俳優業へ意欲を見せた。

イベントでは佐野と関口の2人が初のアフレコに挑戦した後、2ndシングル「ANIMAL」と、今月15日にリリースした新曲「Love You More」の2曲を披露し、会場のファンを熱狂させた。

※写真はクリックで拡大後、矢印←→キーで前後の写真へ移動できます。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top