映画「図書館戦争」海外映画祭への参加が続々決定

現在公開中の映画「図書館戦争」が「モントリオールファンタジア国際映画祭」及び「サンフランシスコ日本映画祭」に参加することが決定した。

モントリオールファンタジア国際映画祭は、今年で17年目を迎える映画祭。ファンタスティック映画祭の中では最も知名度が高く、カナダを代表する人気の映画祭のひとつ。毎年400本を超える映画が30カ国以上の国から厳選されて上映されており、昨年は10万人を超える来場者が会場を埋め尽くした。日本人の監督としては過去に黒沢清、北村龍平、中田秀夫、岩井俊二、園子温などが参加している。今年は7月18日(木)から8月6日(火)まで開催され、「図書館戦争」は7月30日(火)に上映予定。

サンフランシスコ日本映画祭は、アメリカ・サンフランシスコで開催される日本文化のストリートフェスティバル、第5回J-POPサミットフェスティバルの新イベントとして今年初めて開催される映画祭。日本映画に特化した映画祭で、「図書館戦争」の他に「プラチナデータ」、「悪の教典」、「おおかみこどもの雨と雪」「るろうに剣心」、「へルタースケルター」、「夢売るふたり」、「ヒミズ」などが上映される予定。
映画祭のfacebookページで「図書館戦争を見たい人」といったアンケート調査を行なったところ、“Like(いいね!)”がみるみるうちに増えたことから上映が決まった。サンフランシスコ日本映画祭は7月27日(土)から8月4日(日)まで開催され、「図書館戦争」は8月2日(金)に上映される予定となっている。

映画「図書館戦争」は、人気作家・有川浩の代表作でシリーズ累計400万部を超える大人気シリーズを実写化。原作イメージピッタリのキャスト陣が見せる“ツンデレな恋模様”と『GANTZ』の佐藤信介監督が描き出す本格アクションが、GW映画として話題を集め、4月27日(土)の公開から1ヶ月間で観客動員数115万人、興行収入14.5億円を突破。現在も全国東宝系で上映中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top