阿部サダヲ主演「奇跡のリンゴ」がフィレンツェ映画祭観客賞受賞

5月22日より25日(現地時間)までイタリア・フィレンツェで開催されていた「フィレンツェ映画祭」にてオープニング作品として上映された映画「奇跡のリンゴ」(6月8日(土)日本公開)が、同映画祭唯一の賞である「観客賞」を受賞した。

22日のオープニング上映の際には、主演の阿部サダヲのコミカルな演技に大爆笑がおき、後半からラストにかけてはたくさんの観客がハンカチで涙を拭う姿が見受けられた。上映後のティーチインでも中村義洋監督への質問は俳優への演出方法などの映画論から、無農薬農法の現状まで引きも切らず、終了予定時間を大幅に上回り、日付が変わっても続けられるほど。現地の観客の声としては、「泣いた」「感動した」というものが圧倒的で、「家族のつながりの強さに心を動かされた」「絶対にあきらめない主人公の姿に感銘を受けた」「阿部サダヲのコミカルな演技に大笑いした」「菅野美穂の笑顔が強く印象に残った」など、フィレンツェの観客にも好意的に受け入れられた様子。

「奇跡のリンゴ」はメイン会場である「チネマ・オデオン」で上映された12作品の中から映画祭終了後、一般観客(動員5000人)の投票により最多の得票を獲得し、“観客賞”に選出された。奇跡のリンゴを生み出した日本のリンゴ農家の実話は、スローフードの発祥の国・イタリアの観客を魅了したようだ。観客賞には副賞としてトスカーナ地方のプレミアムワインが送られた。

オープニングレセプション、オープニング上映、上映後のティーチインに参加した中村監督は「観客賞、ありがとうございます!上映中は劇場の二階に陣取り、イタリアの観客の方々の反応を見守っておりました。老若男女問わず涙をぬぐわれている様は、あぁ家族を想う気持ちは国が変わっても一緒なのだなあ、と胸を打たれました。上映後のティーチインでは、『なぜあんなに俳優さんのお芝居が自然なのか?』『どういう演出をしているのか?』という質問があがりましたが、「この映画では日本一うまい俳優さんばかりを揃えたので演出はほとんどしていません!」と答えました。阿部さん、菅野さん、山﨑さん・・・そういった素晴らしい俳優の皆さんと、そしてスタッフのみんなに、感謝、感謝です」とコメント。

観客賞受賞の報を受け、阿部サダヲは「すごい!!フィレンツェ!好き!素敵な感想ありがとうございます!!この日本映画が色んな国に伝わるといいですねぇ…でもまずは、日本から!」と喜び全開。
阿部と夫婦役を演じた菅野美穂は「遠く離れたフィレンツェで、賞を授けて頂けたこと、本当に光栄に思います。公開まであと僅かになりましたが、残りの宣伝も頑張りたいと思います」とコメントを寄せている。

フィレンツェ映画祭は、中心街全体が世界遺産というイタリア屈指の人気都市であるフィレンツェにて開催されるアジア作品を対象とした映画祭。第1回は2009年、第2回は2010年に開催。2011年・2012年は震災の影響で中止。今回2013年が3回目の開催となる。

『奇跡のリンゴ』は、青森県中津軽郡に世を受けた主人公が、体の弱い妻のために絶対不可能と言われていた「リンゴの無農薬栽培」へ挑戦する実話をもとに描かれた作品。6月8日(土)より全国東宝系にて公開。
『奇跡のリンゴ』公式サイト http://www.kisekinoringo.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top